近日上映作品 Coming Soon

『橋ものがたり』「小ぬか雨」

61分日本

公開予定日12/18(月)〜12/22(金) 5日間限定上映

株主ご招待券不可株主提示割引証不可

原作

: 藤沢周平「小ぬか雨」

監督

: 井上昭

脚本

: 中村努

出演者

: 北乃きい/永山絢斗/仁科貴/本田博太郎 ほか

: ナレーション:中村梅雀

時代劇の名匠と実力派若手キャストで描く、
鮮烈なる密室の恋。

【イントロダクション】
意思もなく決まって行く縁談。ただ過ぎていくだけの日常。自らの人生に希望を抱くこともなかった女性に、突然の出会いが訪れる…。
監督は「眠狂四郎」や「座頭市」などを手掛け、今もなお“情念”を描き続ける88歳の名匠・井上昭。 キャストには本格時代劇初出演となる北乃きいに、永山絢斗という、人気・実力を兼ね備えたフレッシュな2人。閉ざされた空間の中で、短くも美しく燃える男女の恋物語が幕を開ける。

【あらすじ】
両親を早くに亡くしたおすみは、娘らしい華やかな思い出もないままに育った。今は、伯父に任された履物屋で一人住まいをしている。自らの意思とは関係なく、がさつな職人・勝蔵との縁談も決まり、将来に希望を抱くこともない生活を送っていた。
ある夜、おすみの家に突然若い男が逃げ込んでくる。「喧嘩をして追われているのでかくまってほしい」と言う小綺麗な身なりをしたその男は、おすみを“お嬢さん”と呼んだ。その響きに、おすみは心の揺らぎを覚える。危険はないように思え、かくまうことにしたおすみだが、やがて男の名は新七と言い、人を殺めて追われていることを知る。
  • オフィシャルサイト

(C)時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 藤沢周平(R)

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命The Zookeeper's Wife

127分チェコ・イギリス・アメリカ

公開予定日12/15(金)〜

前売券発売中

監督

: ニキ・カーロ

出演者

: ジェシカ・チャステイン、ダニエル・ブリュール、ヨハン・ヘルデンベルグ、マイケル・マケルハットン

多くのユダヤ人を救った、オスカー・シンドラー、杉原千畝。
彼らと同じように、自らの命の危機を冒しながらも、ナチス・ドイツに立ち向かったアントニーナ・ジャビンスキ。
その強い信念、人も動物も母性で包み込む深い愛情に、涙が止まらない――。

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、生きとし生けるものへ深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。しかしこの“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり“隠れ家”を守り、ひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか――。
  • オフィシャルサイト

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

彼女が目覚めるその日までBrain on Fire

89分カナダ、アイルランド

公開予定日12/16(土)〜

前売券発売中

監督

: ジェラルド・バレット

出演者

: クロエ・グレース・モレッツ、トーマス・マン、キャリー=アン・モス、リチャード・アーミテイジ、タイラー・ペリー、ジェニー・スレイト

第41 回トロント国際映画祭出品作品
主演:クロエ・グレース・モレッツ×製作:シャーリーズ・セロン
ニューヨーク・タイムズ ベストセラー・ノンフィクション第一位 待望の映画化!!

憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21 歳のスザンナ・キャハランは、1 面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、大失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、 検査結果は「異状なし」。日に日に混乱し、会話も出来なくなったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた――。
  • オフィシャルサイト

© 2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.

ダンシング・ベートーヴェンBEETHOVEN PAR BEJART

83分スイス、スペイン

公開予定日12/23(土)〜

前売券発売中

監督

: アランチャ・アギーレ

出演者

: マリヤ・ロマン、モーリス・ベジャール・バレエ団、ズービン・メータ

振付

: モーリス・ベジャール

ベートーヴェンの第九交響曲。愛と生命の賛歌を、歌い、踊り、生きる。

天才振付家モーリス・ベジャールの代表作のひとつ「第九交響曲」の舞台裏を捉えた感動のドキュメンタリー『ダンシング・ベートーヴェン』。

故モーリス・ベジャールによって振り付けられた伝説のダンス『第九交響曲』の東京公演。
それはベジャール・バレエ団と東京バレエ団、そして世界的指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団という奇跡の競演が生み出した、稀代のステージ。
本作は、21世紀のバレエ史上最高傑作と呼ばれた総合芸術のステージが出来上がるまでの度重なるリハーサルの様子や、ベジャールの後継者ジル・ロマン芸術監督のもと新たに踏み出した、ベジャール・バレエ団の様々な文化的背景を持つダンサーたちが織りなす人間ドラマに密着した感動のドキュメンタリー。『第九』が放つ壮大な世界観のもと、ダンサーという職業の苦悩や情熱を浮き彫りにし、ひと時限りのスペクタクルロマンを築き上げる姿に迫る。ベジャール・バレエ団に所属する大貫真幹ら日本人ダンサーの活躍にも注目だ。監督は、『ベジャール、そしてバレエはつづく』のアランチャ・アギーレが務める。
  • オフィシャルサイト

© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

ポンチョに夜明けの風はらませて

90分日本

公開予定日12/23(土)〜

監督

: 廣原暁

出演者

: 太賀 、中村蒼、矢本悠馬、染谷将太

「あの頃」を忘れてしまった大人たちへ贈る、青春覚醒ロードムービー。

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、ジンは一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい” そんな思いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って海に向かう。旅の途中でグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)ら刺激的な“大人たち”と出会いながら、普段では味わえないハチャメチャな体験をする3人。一方、置いてけぼりをくらい、又八と約束した卒業ライブに向けてギターの練習に明け暮れる中田(染谷将太)。彼らの「青春」が、今ようやく動き出す―。
  • オフィシャルサイト

(c)2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会

勝手にふるえてろ

117分日本

公開予定日12/23(土)〜

前売券発売中

監督

: 大九明子

原作

: 綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』(文春文庫刊)

出演者

: 松岡茉優、渡辺大知、 石橋杏奈 、北村匠海、 古舘寛治 、片桐はいり

暴走する恋をリアルに、イタく、キュートに描く、痛快コメディ

私には彼氏が2人いる──中学時代からの片思いの相手イチ(北村匠海)と、突然告白してきた暑苦しい同期のニ(渡辺大知)。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?
  • オフィシャルサイト

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

猫が教えてくれたことKedi

79分トルコ

公開予定日12/23(土)〜

前売券発売中

監督

: ジェイダ・トルン

出演者

: サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン

生きる希望を取り戻した人々と猫の幸せの記録

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られる地中海の古都イスタンブール。
生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。
  • オフィシャルサイト

©2016 Nine Cats LLC

ルージュの手紙The Midwife

117分フランス

公開予定日12/30(土)〜

前売券発売中

監督

: マルタン・プロボ

出演者

: カトリーヌ・ドヌーブ、カトリーヌ・フロ、オリビエ・グルメ、カンタン・ドルメール

カトリーヌ・ドヌーヴ×カトリーヌ・フロ
フランスを代表する2大女優が、人生を彩るメッセージを届けてくれるー

助産婦として働きながら、女手ひとつで息子を育てあげ、地道な日々を送っていたクレール。そんな彼女のもとに、30年前に突然姿を消した、血のつながらない母親ベアトリスから「今すぐ、あなたに会いたい」と電話が入る。自己中心的でお酒とギャンブルが大好きなベアトリスは、クレールとは真逆の性格。
猫のように自由奔放に生きる血のつながらない母と、ストイックで真面目すぎる娘。30年ぶりに再会した二人が失われた時間を埋めながら、見つけたものとは―
  • オフィシャルサイト

(C)CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA (C)photo Michael Crotto

新世紀、パリ・オペラ座The Paris Opera

110分フランス

公開予定日12/30(土)〜

前売券発売中

監督

: ジャン=ステファヌ・ブロン

出演者

: ステファン・リスナー、オレリー・デュポン、バンジャマン・ミルピエ、フィリップ・ジョルダン、ミハイル・ティモシェンコ、ジェラルド・フィンリー、ミヒャエル・クプファー=ラデツキー

芸術の殿堂がたどりついた<新世紀>とは―。

ミルピエ退任を受けてのオレリー・デュポンの芸術監督就任、オペラ公演2日前の主要キャスト降板、フランスが誇るパリオペラ座の舞台裏は波乱に満ちていた。そんな中行われたオーディションに綺羅星のごとく現れたロシア人青年歌手ミハイル。規格外の音域と奇跡の声を放つ若き天才――。
  • オフィシャルサイト

© 2017 LFP-Les Films Pelléas - Bande à part Films - France 2 Cinéma - Opéra national de Paris - Orange Studio - RTS

わたしは、幸福(フェリシテ)Felicite

129分フランス、セネガル、ベルギー、ドイツ、レバノン

公開予定日1/6(土)〜

前売券発売中

監督・脚本

: アラン・ゴミス

出演者

: ヴェロ・ツァンダ・ベヤ、ガエタン・クラウディア、パピ・ムパカ、カサイ・オールスターズ他 

お金だけがすべて。
だからタフに生きてきた。
そんなフェリシテが見つけた幸福とは?

キンシャサ。この街は優しいだけじゃ生きていけない。バーで歌いながら、女手ひとつで息子を育てている歌手フェリシテ。その名前の意味は“幸福”。人生は彼女に優しくないけれど、歌うときだけ彼女は輝く。そんな彼女に気があるのは、バーの常連のタブーだ。ある日、フェリシテの一人息子サモが交通事故で重傷を負った。しかし、病院は彼女に告げる。「前払いでないと手術はできない」。手術代を集めるため、フェリシテは街中を奔走するが……。歌えなくなるフェリシテ。必死で生きてきた彼女の心の何かが壊れた。そのとき……。
  • オフィシャルサイト

© ANDOLFI - GRANIT FILMS - CINEKAP - NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017

はじまりのボーイミーツガール

89分フランス

公開予定日1/6(土)〜

前売券発売中

監督

: ミシェル・ブジュナー

出演者

: アリックス・ヴァイヨ、ジャン=スタン・デュ・パック、シャルル・ベルリング、パスカル・エルべ

チェロの情感あふれる旋律にのせて、小さいけれど一途な恋は、オトナたちも変えていく---

ヴィクトールはクラスの優等生マリーに恋をしている12歳。秀才のロマンからのアプローチもはねつけるマリーに、落ちこぼれのヴィクトールは遠くから見つめるだけだった。
ところが、そんなマリーがヴィクトールに急接近!「勉強を手伝ってあげる」と家に招待してきた!親友のアイカムから「どん底のお前に最後のチャンスだ」と煽られたヴィクトールは、「女は信用できない」と平静を装いつつも、ウキウキと出かけていく。
マリーの指導で徐々に成績があがってきたある日、プロのチェロ奏者になる夢をマリーから打ち明けられる。そしてマリーと初めて手を繋いで下校したヴィクトールは、別れ際にキスされ舞い上がるのだった。
だが、マリーには、誰も知らない秘密があった。だんだんと視力が落ちる病気にかかったマリーは、音楽学校に行くためそのことをひた隠しにしていたのだ。秘密を守るため、マリーには"目"が必要だった。それにきづいたヴィクトールは、利用されていたことにショックを受けるが、マリーの情熱に動かされ、彼女の夢を叶えることを決意する。その日から2人の秘密の作戦が始まった---!
  • オフィシャルサイト

© 2016 GAUMONT - AJOZ FILMS - NEXUS FACTORY

ジャコメッティ 最後の肖像Final Portrait

90分イギリス

公開予定日1/13(土)〜

監督

: スタンリー・トゥッチ

出演者

: ジェフリー・ラッシュ、アーミー・ハマー、クレマンス・ポエジー、トニー・シャルーブ、シルビー・テステュー

肖像画はいったい、いつ、どのように完成したのか?
衝撃的な18日間のセッションを目撃せよ!

1964年、パリ。
個展が始まったばかりのジャコメッティは、アメリカ人作家で美術評論家のロードに、「肖像画のモデルになってほしい」と声を掛けた。憧れの作家直々の指名に名誉と好奇心を感じたロードは、すぐ終わるとの言葉を信じて巨匠のアトリエへ向かった。
ところが、愛人カロリーヌの突撃訪問やジャコメッティ自身のスランプもあり、セッションを重ねても肖像画は進まない。いつになったら肖像画は完成するのか。本能と信念のままに生きるジャコメッティのすべてを記しながら、ロードは不安に駆られていた。
  • オフィシャルサイト

(C)Final Portrait Commissioning Limited 2016

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男DRIES

93分ドイツ・ベルギー

公開予定日1/13(土)〜

監督

: ライナー・ホルツェマー

音楽

: コリン・グリーンウッド(レディオヘッド)

出演者

: ドリス・ヴァン・ノッテン、アイリス・アプフェル、スージー・メンケス

孤高のファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”。彼の創作の謎に迫る――

ベルギー出身の世界的ファッションデザイナー、ドリス・バン・ノッテンを追ったドキュメンタリー。世界のセレブリティやファッションアイコンから愛されているドリス・バン・ノッテン。パリのグラン・パレで開催された2015春夏レディースコレクションから、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズコレクションの本番直後までの1年間、これまで一切の密着取材を断ってきたドリスに初めてカメラが密着。半年間の準備を経て開催されるショーの舞台裏、アトリエや刺繍工房などの創作の現場、さらに創作活動を支えるアントワープ郊外の邸宅にもカメラが入り、完璧主義者で知られるドリスの意外な素顔ものぞかせる。

監督は「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち」のライナー・ホルツェマー。ドリスの2014春夏レディースコレクションで音楽を担当したイギリスのロックバンド「レディオヘッド」のベーシスト、コリン・グリーンウッドが本作で映画音楽に初挑戦している。
  • オフィシャルサイト

© 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

謎の天才画家 ヒエロニムス・ボスEl Bosco. El jardin de los suenos

90分スペイン・フランス

公開予定日1/13(土)〜

前売券発売中

監督

: ホセ・ルイス・ロペス=リナレス

出演者

: ラインダー・ファルケンブルグ、シルビア・ペレス・クルース、

: ルドビコ・エイナウディ、オルハン・パムク、ミケル・バルセロ

スペイン・プラド美術館が全面協力した、“悪魔のクリエイター”と呼ばれた画家、ヒエロニムス・ボスの世界に迫るドキュメンタリー

ブリューゲル、ルーベンス、ダリ、マグリットら後の数多くの画家に影響を与え、没後500年を迎えた今も天才画家として知られるボスだが、人物像の詳細はおろか生年月日も不明で、現存する作品は25点のみ。彼は誰のために、何のために描いたのか?
その代表作にして最大の問題作「快楽の園」、そして謎多き画家の素顔に迫る傑作ドキュメンタリー!
  • オフィシャルサイト

(C)Museo Nacional del Prado (C)Lopez-Li Films

ヒトラーに屈しなかった国王The King’s Choice

136分ノルウェー

公開予定日1/20(土)〜

前売券発売中

監督

: エリック・ポッペ

出演者

: イェスパー・クリステンセン、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カール・マルコヴィクス

1940年4月9日。ナチスに降伏を迫られた国王が選択した“決断”とはー。

アカデミー賞®外国語映画賞ノルウェー代表作品
ノルウェー・アマンダ賞8部門(作品賞・助演男優賞ほか)受賞!

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ドイツ公使は再度の降伏要求のため、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けることをつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民のため、国の運命を左右する究極の選択を迫られるー。 北欧の小国ながらナチス・ドイツに最も抵抗し続けたノルウェーにとって、歴史に残る重大な決断を下した国王・ホーコン7世の運命の3日間を描く。
  • オフィシャルサイト

(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

女の一生

119分フランス

公開予定日1/20(土)〜

監督

: ステファヌ・ブリゼ

原作

: ギィ・ド・モーパッサン

出演者

: ジュディット・シュムラ、ジャン=ピエール・ダルッサン、ヨランド・モロー、スワン・アルロー、ニナ・ミュリス、フィネガン・オールドフィールド

フランスの文豪、モーパッサンの不朽の名作の映画化

修道院の寄宿学校から家に戻った男爵家の一人娘ジャンヌは、清純な17歳の乙女。親の勧める子爵ジュリアンと結婚し、希望に胸踊らせ人生を歩みだしたかに見えたジャンヌだったが、やがて信じ難い夫の不貞を知る。それを機に、ジャンヌの人生に対する夢は、次々と打ち砕かれていく――。

フランスの文豪、モーパッサンの不朽の名作「女の一生」の映画化。本作の監督・脚本を務めたステファヌ・ブリゼによって19世紀四季折々のノルマンディーの美しい田園そのもののような映像美と、ストイックな話法で、ジャンヌの人生を時制をこえて重ねる映像のミルフィーユを作り上げられた。主人公ジャンヌを演じ切ったジュディット・シュムラは本作でセザール賞主演女優賞にノミネート。また、ジャン=ピエール・ダルッサン、ヨランド・モローと、実力派ベテラン勢が存在感を発揮し、新旧の名優が競演する。
  • オフィシャルサイト

© TS PRODUCTIONS (PHOTO MICHAËL CROTTO) –AFFICHE NUITDECHINE

ジュピターズ・ムーンJupiter holdja

128分ハンガリー・ドイツ

公開予定日1/27(土)〜

PG12

監督

: コーネル・ムンドルッツォ

出演者

: メラーブ・ニニッゼ、ゾンボル・ヤェーゲル、ギェルギ・ツセルハルミ、モーニカ・バルシャイ

人生に敗れた男が出会ったのは、宙を舞う少年――

医療ミスによる訴訟で病院を追われた医師・シュテルンは、難民キャンプで働きながら違法に難民を逃がすことで賠償金を稼ぎ、遺族による訴訟取り下げを目論んでいた。ある日、被弾し瀕死の重傷を負った少年・アリアンが運び込まれる。シュテルンはアリアンが重力を操り浮遊する能力を持ち、さらには傷を自力で治癒できることを知り、金儲けに使えるとキャンプから連れ出すことに成功する。その頃、アリアンを違法銃撃した国境警備隊が口封じのため彼らを追い始めるが、行く先々で起こる失踪やテロ、不可解な事件の現場に少年の痕跡が残されていることに気づく――。
  • オフィシャルサイト

2017 © Proton Cinema - Match Factory Productions - KNM

アランフエスの麗しき日々Les BEAUX JOURS d’ARANJUEZ

97分フランス、ドイツ、ポルトガル

公開予定日1/27(土)〜

前売券発売中

監督

: ヴィム・ヴェンダース

出演者

: レダ・カテヴ、ソフィー・セミン、イェンス・ハルツ、ニック・ケイヴ

100%思いのままに撮った生涯で初めての映画だ
           ――監督ヴィム・ヴェンダース

第73回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品作の本作は、ヴィム・ヴェンダース監督にとって初のフランス語映画。原作は、ヨーロッパを代表する作家のひとりペーター・ハントケによって、フランス語で書かれた戯曲「アランフエスの麗しき日々 夏のダイクアローグ」。『3枚のアメリカのLP』、『ゴールキーパーの不安』、『まわり道』、『ベルリン・天使の詩』に続く、二人の5度目のコラボレーション作品だ。
主演は、ベルリン国際映画祭でオープニング上映作品であり、伝説のジャズギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトを熱演した『永遠のジャンゴ』が近日日本公開となるレダ・カテブと、ヴェンダース映画は『愛のめぐりあい』に次いで2本目となるソフィー・セミン。また、映画のオリジナル・キャストである作家役をイェンス・ハルツが演じる他、世界中で熱狂的なファンをもつミュージシャンのニック・ケイヴがゲスト出演している。

木々の間を吹き抜ける涼風が木漏れ日を揺らす夏の午後。小高い丘の上の一軒家。足元に広がる田園風景の遠くに、パリの街並みがおぼろげに見える。庭の木陰に置かれたテーブルを挟んで座る一組の男女が、最初はためらいがちに、長い対話を始める。性的体験、子供時代の思い出、それぞれの記憶、夏の本質、男と女の違いについて――。
ときにゲームのように激しく言葉が応酬し、ときに長いモノローグや間、静寂へと変容していく。庭に向かって大きく開け放たれた扉の奥の書斎には、タイプライターを前に、作家がひとり、庭を見つめながら座っている――。
  • オフィシャルサイト

ローズの秘密の頁(ページ)The Secret Scripture

108分アイルランド

公開予定日2/3(土)〜

監督

: ジム・シェリダン

出演者

: ルーニー・マーラ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ジャック・レイナー、テオ・ジェームズ、エリック・バナ

めくるたびに あふれる、真実と愛

ルーニー・マーラ x ヴァネッサ・レッドグレイヴ W主演!
アカデミー賞®ノミネート監督ジム・シェリダン、5年ぶり待望の新作!

『マイ・レフトフット』(89)や『父の祈りを』(93)で知られる巨匠ジム・シェリダンが、アイルランドの人気作家セバスチャン・バリーがコスタ賞(英国の権威ある文学賞)を受賞した同名小説を映画化。 物語はアイルランドを舞台に、40年間にわたり病院に収容されているある老女の知られざる過去が、1人の医師と1冊の聖書によって明らかにされていくところからはじまる。1940年代第二次世界大戦時、激動の時代に翻弄されながらも、たった一つの愛を貫いた女性の生き様と長きにわたり封印されてきた衝撃の真実が、現在と過去の時間軸を行き来しながら壮大なスケールで描かれるミステリアスな大河ロマンだ。

取り壊しが決まった聖マラキ病院。 転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医スティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、病院で40年間もの長い時間を過ごしてきたローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。 彼女は、自分の赤ん坊を殺した罪を背負っていた。 しかしローズは、その罪を否認し続け、自信を本名とは別の「ローズ・マクナルティ」と名乗り続けていた。 グリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。 ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。 そして彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、グリーン医師を前に自分の人生を語り始める――
  • オフィシャルサイト

(C)2016 Secret Films Limited

ライオンは今夜死ぬ

103分フランス、日本

公開予定日2/3(土)〜

前売券発売中

監督

: 諏訪敦彦

出演者

: ジャン=ピエール・レオ、ポーリン・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン

さあ、映画を作ろう。それこそが人生だから。

国内のみにとどまらず、海外のキャスト・スタッフを起用して精力的に名作を生み出し、カンヌ国際映画祭などフランスをはじめヨーロッパで圧倒的な評価を受けている諏訪敦彦監督の8年ぶりの新作。『大人は判ってくれない』で鮮烈なデビューを果たし、フランソワ・トリュフォーをはじめ巨匠たちに愛され、「ヌーヴェルヴァーグの申し子」と呼ばれる名優ジャン=ピエール・レオと、ワークショップを通じて選ばれた子どもたちが共演する最高のコラボレーションが実現した。

南仏ラ・シオタ。年老いた俳優のジャンは、昔愛した人を訪ねて古い屋敷にたどり着く。誰も住んでいない屋敷の中では、地元の子どもたちが映画撮影ごっこをしていた。子どもたちと共に映画撮影をはじめるジャン。撮影が進むにつれて、ジャンの元妻ジュリエットとの関係が次第に明らかになっていく――。
  • オフィシャルサイト

© 2017−FILM-IN-EVOLUTION−LES PRODUCTIONS BALTHAZAR−BITTERS END

ロング、ロングバケーション

112分イタリア

公開予定日2/3(土)〜

監督

: パオロ・ヴィルズィ

出演者

: ヘレン・ミレン、ドナルド・サザーランド

ルート1号線を駆け抜け、目指すはアメリカ最先端のヘミングウェイの家。残り僅かな夫婦の時間、彼らは最後の最高の旅に出る!

夫婦生活はや半世紀となる元文学教師のジョン(※アルツハイマー進行中)と妻のエラ(※末期がん)。子供たちは巣立ち、人生の責任はすべて果たしきった今こそ、夫婦水入らずで思う存分に自分たちの時間を過ごせる時が来たのだ。愛車のキャンピングカーでルート1号線を軽快に走り、向かうはジョンが敬愛するヘミングウェイの家があるフロリダ・キーウエスト。毎晩思い出の8ミリを投影し、共に歩んできた人生を追懐しながらひたすら南へと旅していく。「ただいま」なんて気にしないくて良い、最後にして最高の旅が始まる!
  • オフィシャルサイト

© 2017 Indiana Production S.P.A.

犬猿

103分日本

公開予定日2/10(土)〜

前売券発売中

監督

: 吉田恵輔

出演者

: 窪田正孝、新井浩文、江上敬子、筧美和子、阿部亮平

いつだって側にいた、ウザいくらい大事なひと。

前作「ヒメアノ〜ル」吉田恵輔監督の“オリジナル最新作”は、兄弟・姉妹の壮絶な愛憎劇!!

弟の金山和成は真面目でイケメンの印刷会社の営業マン。ある日、彼のアパートに、強盗罪で服役していた兄の卓司が刑期を終えて転がり込んでくる。
卓司は和成と対照的に凶暴な性格でトラブルメーカー。キャバクラで暴れたり、弟の留守中に部屋にデリヘルを呼んだりとやりたい放題。和成はそんな卓司に頭を抱えるが、気性の激しい兄には文句のひとつも言えない。
一方、親から引き継いで小さな印刷所を切り盛りする姉の磯野由利亜は、勤勉で頭がよくて仕事はできるものの、太っていて見た目がよくない。得意先の和成に仄かに想いを寄せる彼女の天敵は、頭は悪いけれどルックスとスタイルの良さから芸能活動もしている妹の真子だった。
複雑な感情を抱くこの二組の兄弟・姉妹の出会いを境に、それぞれの関係はさらに大きく歪みはじめる……。
  • オフィシャルサイト

(C)2018「犬猿」製作委員会

劇場版ときめきレストラン☆☆☆ MIRACLE6

日本

公開予定日2/10(土)〜

前売券発売中

監督

: 今千秋

声の出演

: 岸尾だいすけ、浪川大輔、柿原徹也、日野聡、鳥海浩輔

6人の力がひとつになるとき、奇跡が起きる!

5周年を迎える人気恋愛アプリゲームが、遂に映画化!

『劇場版ときめきレストラン☆☆☆』は、レストランを運営しながら、訪れる男性アイドルグループ「3 Majesty(スリーマジェスティ)」と「X.I.P(エグジップ」の6人と交流を深める女性向け恋愛アプリゲーム。キャラクターの立ち絵はすべてLive2D®を使用しており、レストラン経営をして、定期的に更新される期間限定のクエストに挑み、レシピや家具を集めたり、食事に来たアイドルたちとのイベントが楽しめる。「VSライブ」や「センター争奪戦」など、アイドルグループを応援するイベントも定期的に実施。また、アプリゲーム以外にも、6人のアイドルたちが活躍の場を拡げており、CDや書籍、グッズの販売に加え、遊園地施設やカフェといった飲食店とのコラボレーションや、VRライブなど、活動は多岐にわたっている。
  • オフィシャルサイト

(C)Konami Digital Entertainment (C)コーエーテクモゲームス・(C)劇場版ときめきレストラン☆☆☆製作委員会

はじめてのおもてなしWelcome to Germany

116分ドイツ

公開予定日2/10(土)〜

前売券発売中PG12

監督

: サイモン・バーホーベン

出演者

: センタ・バーガー、ハイナー・ラウターバッハ、フロリアン・ダーヴィト・フィッツ、パリーナ・ロジンスキ、エリヤス・エンバレク ほか

母の決断で難民を迎え入れた、裕福だけど壊れかけた家族
ひとりぼっちの彼を“おもてなし”するはずが、 反対デモやテロ疑惑で大騒動!
一家と世界に平和は訪れるのか?

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ大学生で“自分探し”真っ只中の娘ゾフィと、12歳にして“一流ラッパー”を目指すフィリップの息子バスティは、心優しいディアロとすぐに仲良くなる。しかし、近隣の住民の抗議が極右の反対デモに発展、一方で一家はテロ疑惑をかけられ大騒動に!さらにとどめに、ディアロの亡命申請が却下されてしまう。果たして、崩壊寸前の家族と、天涯孤独の青年は、平和な明日を手に入れることが出来るのか──?
いちばん身近な家族さえ理解できずにバラバラになっていたハートマン家の人々が、いちばん遠い存在である難民の青年との交流をきっかけに人生を見つめ直し、生きる喜びと日々の豊かさを取り戻していく。文化や習慣の違いによるハプニングの連続に笑い、『最強のふたり』のようなあり得ない出会いから生まれたまさかの絆に泣いた人々の絶賛の口コミが瞬く間に広がり、ドイツ国内で400万人以上を動員するという大ヒットを記録。ドイツ・アカデミー賞でも、真の名誉である観客賞を贈られた必見の一作が、いよいよ日本にも旋風を巻き起こす。
  • オフィシャルサイト

©2016 WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG / SENTANA FILMPRODUKTION GMBH / SEVENPICTURES FILM GMBH

ベロニカとの記憶The Sense of An Ending

108分イギリス

公開予定日2018年3月公開予定

前売券発売中

監督

: リテーシュ・バトラ

出演者

: ジム・ブロードベント、ミシェル・ドッカリ―、エミリー・モーティマー、ハリエット・ウォルター、シャーロット・ランプリング

青春時代の思い出、初恋の真実、自殺した親友
すべての謎を解き明かしたとき、
人生は新たな輝きを放ち始める

ロンドン、60歳を過ぎ、引退生活を送るトニーの元にある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。あなたに日記を遺した女性がいると。
その女性とは、40年も前の初恋の人ベロニカの母親だった。遺品の日記は、トニーの学生時代の親友のものだった。
なぜベロニカの母親の元にその日記があったのか? そこには一体何が書かれているのか?
ベロニカとの再会を果たすことにより、トニーの記憶は大きく揺らぎ始める・・・。
  • オフィシャルサイト

2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアTHE KILLING OF A SACRED DEER

121分イギリス、アイルランド

公開予定日3/3(土)〜

監督

: ヨルゴス・ランティモス

出演者

: コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、バリー・コーガン、ラフィー・キャシディ、アリシア・シルヴァーストーン

本作でカンヌ映画祭3度目の受賞となった奇才ヨルゴス・ランティモスの監督・脚本による最新作!

主人公は、前作『ロブスター』に続き、監督と再び組んだコリン・ファレル。
セクシーな男として定評のあったコリンが、『ロブスター』では結婚できずメタボで冴えない中年男を演じ、観る人すべてに衝撃を与えた。
本作では‘あること’をきっかけに少年に追い詰められる心臓外科医スティーブンを演じる。彼の美しい妻には、オスカー女優のニコール・キッドマン。謎の少年を演じるのは、『ダンケルク』で注目を集めた期待の新星バリー・コーガン。『ダンケルク』では兵士の救出に向かう民間の船に乗り込む正義感の強い少年を演じたが、本作では主人公一家に‘ある災い’をもたらす少年を演じる。

©2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited

ナチュラルウーマンA Fantastic Woman

104分チリ、ドイツ、スペイン、アメリカ

公開予定日2018年3月公開予定

監督

: セバスティアン・レリオ

出演者

: ダニエラ・ヴェガ、フランシス・レジェス、ルイス・ニェッコ、アリン・クーペンヘイム、ニコラス・サヴェドラ

私らしく、私を生きる。

チリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナは、年の離れた恋人、オルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオーランドの意識が薄れて亡くなったことで、彼女は思いもかけないトラブルに巻き込まれることに。けれども愛する人への思いを胸に、マリーナは前を向いて歩きはじめる――。
差別や偏見、嫌がらせを受けて、ときにはへこたれそうになっても、理不尽な現実への怒りはパンチングボールにぶつけ、道しるべのようにゴーストとなって現れるオルランドに励まされながら、すっと背筋を伸ばして凛々しく立ち上がるマリーナ。愛する人にきちんとさよならを伝えるための健気な闘いに挑む彼女に、観る者はいつの間にか共感し、幸せを祈りながらエールを送ってしまうはずだ。イグアスの滝の映像で幕を開けるマリーナの心の旅は、どこへ向かっていくのか――。逆境に負けず、自己を肯定しながらまっすぐ進もうとするヒロインから、自分らしく生きたいと願うすべての人への贈り物ともいえる人生讃歌が届いた。

マリーナを演じるのは、自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガ。監督は、躍進目覚ましいチリ映画界が生んだ才能、クリスチャン・レリオ。前作『グロリアの青春』は、ベルリン国際映画祭で主演女優賞を受賞し、ハリウッドリメイクも決まっている。
  • オフィシャルサイト

©2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

Page Top