近日上映作品 Coming Soon

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うDemolition

101分アメリカ

公開予定日4/1(土)〜

前売券発売中PG12

監督

: ジャン=マルク・ヴァレ

出演者

: ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、他

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。 僕はあまりにも君に無関心だった―。

ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだー?「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・
本作は、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』の監督・ジャン=マルク・ヴァレの待望の最新作。「僕は幸せを掴もうともがいている人に惹かれる。この映画は人生を再び始めるための、勇気いる旅路が美しかったんだ」と語り、何事にも無感覚になっている主人公の心の迷いに寄り添いながら、美しい映像と共にエモーショナルに描き切った。そして、『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くし、自分を見失った空虚な男の脆さを、繊細な演技で見事に表現。また、ナオミ・ワッツが、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくシングルマザーを演じている。
  • オフィシャルサイト

©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.

LION/ライオン〜25年目のただいま〜Lion

119分オーストラリア・イギリス・アメリカ合作

公開予定日4/7(金)〜

前売券発売中

監督

: ガース・デイビス

出演者

: デブ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン、デビッド・ウェンハム、サニー・パワール

5歳から25年間、迷子だった男の驚きに満ちた人生とは――?
『英国王のスピーチ』の製作陣が贈る、圧巻の感動実話。

本年度アカデミー賞® 作品賞他、6部門ノミネート!
作品賞、助演男優賞(デブ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン) 、脚色賞、撮影賞(グレイグ・フレイザー)、作曲賞 ノミネート

本年度ゴールデン・グローブ賞、作品賞他4部門ノミネート!
≪作品賞、助演男優賞、助演女優賞、作曲賞≫


インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。

インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、遊んでいるうちに停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた見知らぬ土地まで運ばれてしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、サルーはおぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、「ただいま」を言うため故郷への帰り道を探しはじめる。
  • オフィシャルサイト

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

午後8時の訪問者La fille inconnue

113分ベルギー・フランス合作

公開予定日4/8(土)〜

前売券発売中

監督

: ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ

出演者

: アデル・エネル、オリヴィエ・ボノー、ジェレミー・レニエ、オリヴィエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネ

「ロゼッタ」「ある子供」でパルムドールを受賞し、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品

ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベルが鳴るが、若き女医のジェニーはそのベルに応じなかった。しかし翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに収められていた。少女はなぜ診療所のドアホンを押し、助けを求めていたのか。少女の死は事故なのか、事件なのか。そして、ジェニーはなぜドアホンに応じなかったのか。さまざまな疑問が渦巻く中、ジェニーは医師である自身の良心や正義について葛藤する。

主人公のジェニー役を「スザンヌ」のアデル・エネルが演じ、ジェレミー・レニエ、オリビエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネらダルデンヌ兄弟作品の常連俳優たちが脇を固める。
  • オフィシャルサイト

© LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM – FRANCE 2 CINÉMA - VOO et Be tv - RTBF (Télévision belge)

ターシャ・テューダー 静かな水の物語

日本

公開予定日4/15(土)〜

前売券発売中

監督

: 松谷光絵

出演者

: ターシャ・テューダー、セス・テューダー、ウィンズロー・テューダー、エイミー・テューダー

ターシャ・テューダー生誕100年企画

2008年に他界したアメリカの絵本作家で、自然に囲まれたスローライフな生活スタイルが注目されたターシャ・テューダーのドキュメンタリー。
関連書籍が60タイトル以上出版され、自然に寄り添った生き方や暮らしを紹介する展覧会が開催されるなど、日本でも広く愛されるターシャ・テューダー。NHKでは4度にわたり特集番組が制作・放送されており、今作は、そうしたテレビドキュメンタリーのために過去10年にわたって撮影されたライブラリー映像に、未公開の秘蔵映像や最新のテューダー家の様子も捉えた「完全版」として製作。米バーモント州の山奥のコテージで、老後の一人暮らしを謳歌したテューダーの知られざる人生や、人々を魅了する暮らしを映し出す。
  • オフィシャルサイト

(C)2017 映画「ターシャ・テューダー」製作委員会

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由Mon Roi

126分フランス

公開予定日4/15(土)〜

前売券発売中R15+

監督

: マイウェン

出演者

: ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ベルコ、ルイ・ガレル、イジルド・ル・ベスコほか

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』の鮮烈な愛から30年、カンヌが絶賛する才能が贈る、官能的な大人のための恋愛映画

★第68回カンヌ国際映画祭女優賞受賞
★第41回 セザール賞 主要8部門ノミネート


弁護士のトニーはスキーで大けがを負いリハビリをしながら、ジョルジオとの波乱に満ちた関係を振り返る。あれは10年前、トニーは学生時代に密かに憧れていたジョルジオとパリで再会。機転の利いたアプローチで彼の心をつかみ、激しい恋に落ちる。いつも美女を引き連れていた彼の過去を心配しながらも、「運命の女だ」という彼の言葉を信じるトニー。やがて妊娠が判明、愛情に満ちた結婚式を挙げるが…。

本作の監督マイウェンは、リュック・ベッソン監督作品などに女優として出演、監督前作の「パリ警視庁:未成年保護特別部隊」がカンヌ国際映画祭で絶賛され、審査員賞を受賞した新しい才能。
愛さずにはいられないセクシーなダメ男を演じるのは、今やハリウッドでも大役をはる名優ヴァンサン・カッセル。トニーには、『太陽のめざめ』の女性監督として話題となったエマニュエル・ベルコ。恋の喜びと愛の不安に激しく揺れながらも、自分を取り戻そうと闘う女性を熱演し、女優賞を受賞。
愛にまつわる幾千の謎がつまった、すべての女性の胸を焦がす10年間の物語。
  • オフィシャルサイト

© 2015 / Les Productions Du Trésor - STUDIOCANAL - France 2 Cinéma - Les
Films de Batna - Arches Films - 120 Films – All Rights Reserved

未来よ こんにちはThings to come

102分フランス・ドイツ

公開予定日4/22(土)〜

前売券発売中PG12

監督

: ミア・ハンセン=ラブ

出演者

: イザベル・ユペール、アンドレ・マルコン、ロマン・コリンカ、エディット・スコブ

凛として生きる。
過ぎ行く時に逆らわないヒロインの誕生に全世界が共感!

★第66回ベルリン国際映画祭 銀熊(監督)賞受賞

パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と独立している二人の子供がいる。哲学の授業に情熱を傾け、年老いた 母親の面倒をみる日々。そんなある日、夫に別の女性ができ、彼女と生活をすると告げられる。続けて長い付き合いだった出版社とは契約も終了し、母は他界する。バカンスシーズンを前に、ついにおひとり様となったナタリーは完全なる自由を得て、人生を再スタートさせるのだが…。;。

最も旬な女優イザベル・ユペールを迎え、孤独や時の流れをしなやかに受け入れていく潔い生き方を提示し、愛に満ちた人間ドラマを生みだした。
  • オフィシャルサイト

©2016 CG Cinéma • Arte France Cinéma • DetailFilm • Rhône-Alpes Cinéma

ぼくと魔法の言葉たちLife, Animated

91分アメリカ

公開予定日4/22(土)〜

前売券発売中

監督

: ロジャー・ロス・ウィリアムズ

出演者

: オーウェン・サスカインド、ロン・サスカインド、コーネリア・サスカインド、ウォルト・サスカインド

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、アカデミー賞®ノミネートも果たした愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

文部科学省 特別選定作品
厚生労働省 社会保障審議会 特別推薦作品


自閉症により2歳で言葉を失い、孤独な世界に閉じ込められた少年オーウェン。本作は、彼が家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニー・アニメーションを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく、前向きに社会と向き合い、自立を勝ち取るまでの姿をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描く傑作ドキュメンタリーだ。メガホンを取ったのは、アフリカ系アメリカ人監督として始めてオスカーを受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ。劇中には映画に感動したディズニー社から異例の使用許諾を受け、ディズニー・アニメーションの名作たちが数多く登場している。

  • オフィシャルサイト

©2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved.

ムーンライトMoonlight

111分アメリカ

公開予定日4/29(土)〜

R15+

監督

: バリー・ジェンキンス

製作総指揮

: ブラッド・ピット、サラ・エスバーグ、タレル・アルビン・マクレイニー

出演者

: トレバンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、アシュトン・サンダース、ジャハール・ジェローム、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス

本年度アカデミー賞®主要8部門ノミネート!
作品賞/助演男優賞(マハーシャラ・アリ)/脚色賞 受賞!


映画史に刻まれる、最も切なく、最も純粋な愛の物語

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、第89回アカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。
マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校では「チビ」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。そんなシャロンに優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのホアン夫妻と、唯一の男友達であるケヴィンだけ。やがてシャロンは、ケヴィンに対して友情以上の思いを抱くようになるが、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、誰にも思いを打ち明けられずにいた。そんな中、ある事件が起こり……。
母親ポーラ役に「007」シリーズのナオミ・ハリス、麻薬ディーラーのホアン役にテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のマハーシャラ・アリ。プロデューサーとしてアカデミー賞受賞作「それでも夜は明ける」も手がけたブラッド・ピットが製作総指揮。本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンスがメガホンをとった。
  • オフィシャルサイト

© 2016 A24 Distribution, LLC

メットガラ ドレスをまとった美術館THE FIRST MONDAY IN MAY

91分アメリカ

公開予定日4/29(土)〜

前売券発売中

監督

: アンドリュー・ロッシ

出演者

: アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ウォン・カーウァイ、ジョン・ガリアーノ

ようこそ、華麗なる美の祭典へ

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。企画展示を担当した革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトンと、共同主催するアナ・ウィンターに密着した本作。ゴージャスな一夜を生み出すための8か月を“初めて”カメラで捉えた、野心あふれるドキュメンタリー。
  • オフィシャルサイト

©2016 MB Productions, LLC

スウィート17モンスターThe Edge of Seventeen

104分アメリカ

公開予定日5/6(土)〜

PG12

監督

: ケリー・フレモン・クレイグ

出演者

: ヘイリー・スタインフェルド、ウディ・ハレルソン、キーラ・セジウィック

まだ恋より友情が大切な17歳。
キスも未経験、妄想だけが空まわり。

ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17 歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

映画批評No.1サイトロッテントマトでフレッシュ95%という数値を叩きだした本作。いつもは辛辣な批評家たちがこぞって、"あの頃"のリアルな痛さを思い出して悶絶してしまう、めったに出会えない宝物のような青春映画だと絶賛した。
  • オフィシャルサイト

© MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

僕とカミンスキーの旅Ich und Kaminski

123分ベルギー・ドイツ合作

公開予定日5/6(土)〜

前売券発売中R15+

監督

: ヴォルフガング・ベッカー

出演者

: ダニエル・ブリュール、イェスパー・クリステンセン、アミラ・カサール、ドニ・ラバン、ヨルディス・トリーベル

『グッバイ、レーニン!』監督&主演コンビ12年ぶりの再タッグ!盲目の天才画家と青年の奇想天外なロードムービー

東西ドイツ統合という歴史的な一大事を背景に、社会の激変に翻弄される庶民の姿を哀歓豊かに紡ぎ上げた『グッバイ、レーニン!』(03)。公開当時のドイツにおける歴代興収記録を塗りかえ、ベルリン国際映画祭やヨーロッパ映画賞ほかで数多くの賞に輝いたこの家族ドラマは、日本でも多くの観客の笑いと涙を誘って大ヒットを記録した。愛する母親のために“優しい嘘”をつき続ける主人公アレックスを好演した主演俳優ダニエル・ブリュールは、その後ハリウッドに進出して国際派のスター俳優へと成長。近年も『ラッシュ/プライドと友情』(13)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)などで喝采を博した。

そのブリュールが出世作『グッバイ、レーニン!』のヴォルフガング・ベッカー監督と12年ぶりに組んだ『僕とカミンスキーの旅』は、世代も境遇もまったく異なる31歳の青年と85歳の老人が織りなす奇想天外なロードムービーだ。

本作の最大の面白さは、主人公ふたりの型破りなキャラクターにある。他人の迷惑を顧みないエゴイストで、行き当たりばったりの突撃取材を行うゼバスティアン。美術史にその名を刻んだカリスマであり、病弱な見た目からは想像もできないしたたかさで相手を振り回すカミンスキー。そんな彼らがスイス、フランス、ドイツ、ベルギーの雄大かつ美しい風景をバックにドタバタ続きの珍道中を繰り広げ、摩訶不思議な友情で結ばれていくドラマは、異色のバディムービーとしても観る者を魅了する。
  • オフィシャルサイト

© 2015 X Filme Creative Pool GmbH

マンチェスター・バイ・ザ・シーManchester by the Sea

137分アメリカ

公開予定日5/13(土)〜

前売券発売中

監督

: ケネス・ロナーガン

出演者

: ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード

本年度アカデミー賞®主要6部門ノミネート!
★ 主演男優賞(ケイシー・アフレック) 受賞!
★ 脚本賞(ケネス・ロナーガン) 受賞!

ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞!

心も涙も、美しかった思い出も。
すべてを置いてきたこの街で、また歩きはじめる──。

マット・デイモンがプロデューサーを務め、『ギャング・オブ・ニューヨーク』の脚本でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたケネス・ロナーガンが監督・脚本を務めた珠玉の人間ドラマ。ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへ戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく。
  • オフィシャルサイト

@2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

君のまなざし君のまなざし

日本

公開予定日5/20(土)〜

前売券発売中

原案、脚本、製作総指揮

: 大川隆法

監督

: 赤羽博

出演者

: 梅崎快人、水月ゆうこ、大川宏洋ほか

これは、夢か?現実か?
愛と憎しみ、生と死、天使と悪魔、そして千年の時空──。 めくるめく"渾沌"の中で、その瞳だけが答えを知っていた。

夏休みに、健太と朝飛とあかりの3人は、長野のペンション「たちばな」で、住み込みのバイトをはじめた。ある夜、不思議な現象に見舞われた健太は、この館に重大な秘密が隠されていたことを知る。真相を探っていく健太とあかり……。そのとき、「霊界の門」が開き、「この世ならざる者たち」が姿を現そうとしていた。

幸福の科学第11作目は、長野の美しい高原にたたずむペンションを舞台にしたスピリチュアル・ミステリー。楽しいはずの夏休みが一転し、バイト生活をはじめた3人を次々と奇妙な出来事が襲う。時空を行き交う壮大な展開の中で、家族の絆、友情や恋心、そして生と死といった普遍的なテーマが描き出され、不思議な感動を呼び起こす。
主人公・健太役には梅崎快人、あかり役には水月ゆうこ、そして朝飛役には大川宏洋と、ニュースター・プロダクションの新人3人が、神秘的な役どころを初々しくも真摯に表現。脇を固めるキャストには、手塚理美、黒沢年雄、黒田アーサーといった実力派が揃い、重厚感を醸し出している。さらに、大川宏洋ニュースター・プロダクション代表が、総合プロデューサー、脚本、俳優、主題歌歌唱の4役で参画。その独特の世界観を、多くのヒット作品を手がけた赤羽博監督が見事に構築し、迫力満点の感動作が誕生した。
  • オフィシャルサイト

(c)2017 NEW STAR PRODUCTION

BLAME!

日本

公開予定日5/20(土)〜

前売券発売中

原作・総監修

: 弐瓶勉『BLAME!』(講談社『アフタヌーン』所載)

監督

: 瀬下寛之

出演者

: 櫻井孝宏、花澤香菜、雨宮天、山路和弘、宮野真守、洲崎綾、島ア信長、梶裕貴、豊崎愛生

今なお世界中のクリエイターを魅了し続ける 鬼才・弐瓶勉の原点――

人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いたSF漫画の金字塔『BLAME!』(講談社『アフタヌーン』所載)。その独特の世界観や圧倒的なスケール感、そしてソリッドでハードなアクション描写で、国内だけでなく、海外の映像クリエイターやアーティストからも圧倒的な支持を得て、難解と言われながらも、幾度となく映像化への期待が高まっていた。そんな本作が、連載開始から20年の時を経て、遂に全世界に向け劇場アニメ化される。
監督には『シドニアの騎士』で緻密でハードな新感覚のSFバトルを表現し、『亜人』を スピーディーでスリリングなサスペンスバトルへと進化させた瀬下寛之が担当。アニメーション制作は『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』や『トランスフォーマー プライム』など海外でも圧倒的な存在感で数々の賞を受賞し、『シドニアの騎士』で世界を震撼させたポリゴン・ピクチュアズ。さらに本作では、原作者・弐瓶勉がシナリオやキャラクターデザインをはじめとした、クリエイティブディレクションの中核を担い、自らがプロジェクトへフルコミットをしている。
映像革命と称された『シドニアの騎士』のスタッフが再結集し、 原作者・弐瓶勉による全面協力・総監修の元で再構成した完全新作ストーリーとして創り上げる『BLAME!』が、再び世界を驚愕させるー

ストーリー
テクノロジーが暴走した未来。
人類の希望は孤独な旅人に託された――

過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。
都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。
都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。 少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。
仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)であった。
  • オフィシャルサイト

©弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

108分日本

公開予定日5/27(土)〜

監督

: 石井裕也

出演者

: 石橋静河、池松壮亮、佐藤玲、三浦貴大、ポール・マグサリン、市川実日子、松田龍平、田中哲司

『舟を編む』の石井裕也最新作。“東京”を全く新しい風景で切り取った、最高密度の恋愛映画、誕生!

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の累計27,000部の売り上げを記録している、最果(さいはて)タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。最果タヒは、2008年に当時女性では最年少の21歳で第13回中原中也賞を受賞するなど、「いま最も新しい表現者」として注目されている詩人だ。難解なイメージがあった“現代詩”という概念を覆し、わかりやすく馴染みのある言葉の連なりで、小説では表現しきれない現代人の憂鬱や希望を浮き彫りにする彼女の詩集が、誰も予想していなかったかたちで映画化、いま新たな表現として生まれ変わる。

監督は、『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞や監督賞他、多くの賞を受賞した石井裕也。詩集の映画化というチャレンジングな試みでありながら、現代の東京に生きる若い男女の、優しくて愛おしい、震えるように繊細な恋愛映画として完成させ、石井裕也の代表悪と言える傑作となった。主演の美香に抜擢されたのは、新人・石橋静香。看護師をしつつ夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香を、全身で演じ切る。そして、美香と出会う慎二に、池松壮亮。工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年を、見事に表現した。空回りする言葉や死が溢れる都会の夜に、偶然に出会う美香と慎二。絶望と希望のはざまで、二人は少しずつ前へ進もうとする──。2017年現在の東京を舞台に、孤独と希望を全く新しい言語で織り上げた、最高密度の恋愛映画が誕生した。
  • オフィシャルサイト

@2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

武曲 MUKOKU

日本

公開予定日6/3(土)〜

監督

: 熊切和嘉

出演者

: 綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫

剣を棄てた男と、剣に出会った少年
運命は二人の人生を交錯させる――

綾野と熊切監督が「夏の終り」(2013)以来、約3年ぶりにタッグを組み、芥川賞作家・藤沢氏が2012年に敢行した「武曲」を実写化。

剣道5段の腕前を持つ研吾だが、酒浸りの日々を送っていた。そんなある日、研吾の師匠である光邑雪峯は、ラップに夢中な高校生・羽田融(村上虹郎)と研吾を引き合わせる。融は恐るべき剣道の才能を秘めており、触発された研吾は再び剣の道を歩んでいく。
  • オフィシャルサイト

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会

海辺のリア

日本

公開予定日6/3(土)〜

前売券発売中

監督

: 小林政広

出演者

: 仲代達矢 黒木華 原田美枝子 小林薫 阿部寛

2017年、役者・仲代達矢 始動―

仲代達矢―。
84歳。俳優人生63年。
黒澤明、小林正樹をはじめ日本映画界を代表する数々の巨匠、名匠、奇才に愛され、近年は国際的再評価が高まるなど、日本映画界最高峰に相応しい俳優である。

本作品の脚本・監督は、小林政広。
カンヌ国際映画祭で才能を見いだされ、カンヌへ四作品を公式出品。さらに、世界三大映画祭に次ぐ、ロカルノ国際映画祭では、「愛の予感」(2007)が最高賞の金豹賞ほか3賞同時受賞の快挙を成し遂げるなど、その独創的映画作法は、特に海外で高く評価されている。

仲代と小林は、映画「春との旅」(2011)で巡り会い、意気投合し、「日本の悲劇」(2013)そして、本作品はコンビ三作目となる。
仲代が演じるのは、かつての映画スター、桑畑兆吉。兆吉は、数々の映画や舞台に主演した名優であるが、シェイクスピアの「リア王」だけは演じたことがなかった。その兆吉に認知症の疑いが・・・。兆吉に「リア王」が重なるクライマックスは圧巻である。

小林のオリジナルストーリーによる前代未聞の設定に仲代はじめ、 黒木華、原田美枝子、小林薫、そして阿部寛の実力派が挑む。 はやくも、国内のみならず海外からも注目が集まる意欲作だ。



【STORY】
桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。
芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。
遺書を書かされた挙句にだ。
しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あてもなく海辺を歩き続ける。シルクのパジャマ姿にコートを羽織り、スーツケースをひきずって―。
兆吉は彷徨い歩くなかで、妻とは別の女に産ませた娘、伸子(黒木華)と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。
伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉。兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。
かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿る―。
  • オフィシャルサイト

(C)「海辺のリア」製作委員会

ありがとう、トニ・エルドマンToni Erdmann

162分ドイツ、オーストリア

公開予定日2017年6月公開予定

前売券発売中

監督

: マーレン・アデ

出演者

: ペーター・ジモニシェック、ザンドラ・ビュラー、ミヒャエル・ヴィッテンボルク、トーマス・ロイブル、イングリッド・ビズ

ジャック・ニコルソンが自ら名乗りを上げ、ハリウッド・リメイクが決定!!
観る者の心を鷲掴み!40以上もの賞に輝く、これぞ2016年の映画ベスト1!

はじめまして、トニ・エルドマンと申します。

悪ふざけが大好きな父・ヴィンフリートとコンサルタント会社で働く娘・イネス。性格も正反対なふたりの関係はあまりうまくいっていない。たまに会っても、イネスは仕事の電話ばかりして、ろくに話すこともできない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、愛犬の死をきっかけに、彼女が働くブカレストへ。父の突然の訪問に驚くイネス。ぎくしゃくしながらも何とか数日間を一緒に過ごし、父はドイツに帰って行った。
ホッとしたのもつかの間、彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れる。職場、レストラン、パーティー会場――神出鬼没のトニ・エルドマンの行動にイネスのイライラもつのる。
しかし、ふたりが衝突すればするほど、ふたりの中は縮まっていく…。
心配するあまり娘に構う父と、そんな父の行動にうっとうしさを感じる娘。互いに思い合っているにも関わらず、今ひとつ噛み合わない父と娘の普遍的な関係を、温かさと冷静な視線をあわせ持った絶妙のユーモアで描く。その一筋縄ではいかないオリジナリティ溢れるストーリーは、トニ・エルドマンの登場から加速していく。
ホイットニー・ヒューストンの「GREATEST LOVE OF ALL」、誕生日パーティー、毛むくじゃらのクケリ――観る者の予測を超える不意打ちの連続。そこから浮かび上がる父と娘の真実の愛に、世界が絶賛!

© Komplizen Film

ディストピア パンドラの少女The Girl With All The Gifts

111分イギリス・アメリカ

公開予定日7/1(土)〜

PG12

監督

: コーム・マッカーシー

出演者

: セニア・ナヌマ、ジェマ・ア―タートン、グレン・クローズ、パディ・コンシダイン

人類滅亡の危機の中、その少女の存在は希望か、絶望か。

奇病の爆発的な蔓延から二十年。人間としての精神を失い、捕食本能に支配された“ハングリーズ”により、文明世界は完全に崩壊していた。ロンドンの軍事基地ではハングリーズの第二世代の教育実験が行われていた。その一人の少女メラニーは、他の子供たちとは明らかに違うものを持っていた。彼女はこの世界の救世主となるのか。

原作はアメコミのストーリーライターとして「X-men」など数多くの作品を手がけ、アニメーション脚本家でもあるM.R.ケアリーによるベストセラー小説『パンドラの少女』。M.R.ケアリー自身が脚本も手掛けている。監督は大ヒットドラマ「シャーロック」シリーズ「三の兆候」のコルム・マッカーシ。荒廃したロンドンを舞台にしたSFスリラー。
  • オフィシャルサイト

© Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016

海辺の生と死

155分日本

公開予定日2017年8月公開予定

監督

: 越川道夫

出演者

: 満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太 、津嘉山正種

共に添うて、行きたいと思っていた―
運命がそれを許さないなら見届けてから散ろうと決意した
昭和二十年八月、旧暦 文月のことであった

男は特攻隊隊長の朔中尉、女は島の有力者の愛娘トエ。二人は出逢い、奄美大島の雄大な自然の中で愛を育む。しかし、その愛はお互いの死を前提とするものだった。太平洋戦争末期、死に向かって燃える運命的な愛の契り。二人のモデルは、後に“私小説の極北”と言われる傑作「死の棘」を世に送った島尾敏雄と、その妻で小説家の島尾ミホ。二人が出会った実話が基となっている。主演に『夏の終り』以来4年ぶりの単独主演作となる満島ひかりを迎え、本作が『アレノ』に続き監督2作目となる越川道夫がメガホンを執る。脚本監修に話題作『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ』を、昨年秋に発表した梯久美子。ミホ自身が書いた同名小説や島尾が著した「島の果て」などを原作に映画化した本作『海辺の生と死』は、美しくも激しい愛の物語である。
  • オフィシャルサイト

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たちBackstage

フランス

公開予定日2017年8月公開予定

前売券発売中

監督

: マレーネ・イヨネスコ

出演者

: マチュー・ガニオ、アニエス・ルテステュ、ウリヤーナ・ロパートキナ、オニール八菜、バンジャマン・ペッシュ

誕生から356年、世界最古のバレエ団、パリ・オペラ座は、なぜ最高峰に君臨し続けるのか?
トップダンサーたちの練習風景や創作過程、夢と伝統を引き継ぐ指導者たちの知られざる舞台裏に迫る!

同バレエ団でプリンシパルを務めるバレリーナ、ウリヤーナ・ロパートキナの素顔を追ったドキュメンタリー「ロパートキナ 孤高の白鳥」など、バレエを題材にしたドキュメンタリー作品を多く手がけるマレーネ・イヨネスコ監督の新作。
現役のトップダンサーや、オペラ座バレエ学校の子どもたちを通して、伝統が継承されていくさまをとらえた。
不動の人気を誇るエトワール、マチュー・ガニオのダンサーという職業に対する本音や、新作に取り組む様子、マリインスキー劇場で披露した「ジゼル」、ロパートキナのリハーサル模様が収められているほか、80年代に芸術監督を務めたルドルフ・ヌレエフの遺作となった「ラ・バヤデール」をはじめとする古典からコンテンポラリーまで、多数の演目が登場する。
  • オフィシャルサイト

ⒸDelangeProduction 2016

劇場版Fate/stay night Heaven's Feel 第1章

日本

公開予定日10/14(土)〜

前売券発売中

監督

: 須藤友徳

原作

: 奈須きのこ、TYPE-MOON

全てのFateのはじまり『Fate/stay night』第三の物語
思いは、静かに、引き裂かれる―。

大人気ゲーム『Fate/stay night』の中で描かれる、
通称桜ルートといわれる物語を原作とした、第三章のアニメーション。
正義の味方という理想を追い求める主人公衛宮士郎が、
身を引き裂かれるような思いでヒロインの間桐桜と向かい合う。
  • オフィシャルサイト

(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC (C)TYPE-MOON

Page Top