近日上映作品 Coming Soon

サーミの血Sameblod

108分スウェーデン、ノルウェー、デンマーク

公開予定日9/23(土)〜

前売券発売中

監督、脚本

: アマンダ・シェーネル

出演者

: レーネ=セシリア・スパルロク、ミーア=エリーカ・スパルロク、マイ=ドリス・リンピ、ユリウス・フレイシャンデル、オッレ・サッリ、ハンナ・アルストロム

北欧スウェーデンから届いた
困難に負けず生き抜いた、少女の物語―

2016年東京国際映画祭で審査委員特別賞と最優秀女優賞をダブル受賞、北欧最大の映画祭のヨーテボリ国際映画祭2017では、前年度『ヒトラーの忘れもの』が受賞した最優秀ノルディック映画賞を獲得。その他、世界の映画祭でも絶賛の声が相次ぐ本作は、北欧スウェーデンの美しい自然を舞台に描かれるサーミ人の少女の成長物語であり、差別に抗い生き抜く姿に心打たれる感動作である。

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。
  • オフィシャルサイト

(c) 2016 NORDISK FILM PRODUCTION

いつも心はジャイアントThe Giant

90分スウェーデン、デンマーク

公開予定日9/30(土)〜

前売券発売中

監督

: ヨハネス・ニホーム

出演者

: クリスティアン・アンドレン、ヨハン・シレーン、アンナ・ビエルケルード

難病を患いながら母を想い、未来を夢見た。 北欧から届いた、最も純粋な愛の物語。

リカルドは頭骨が変形する難病を患い、施設で暮している。父はなく、母親も精神を病み、別の施設で 過ごしている。母に会うことも出来ず、特異な見た目から差別の目に晒されてきたリカルドは、辛い日々 のなか、自らを巨人化した不思議な世界を空想するようになっていた。
そんなリカルドの人生は、ペタンクという球技に出会い一変する。練習を通じて、親友のローランドやたく さんの仲間を得た彼は、ペタンクの北欧選手権に出場することを決意する。大会で優勝することが出来 れば、きっと母親に元気を与え、いつか一緒に暮らす事が出来ると信じて―。
  • オフィシャルサイト

©2016 Garage Films SE .ALL RIGHTS RESERVED

望郷

112分日本

公開予定日9/30(土)〜

監督

: 菊地健雄

出演者

: 貫地谷しほり、大東駿介、木村多江、緒形直人

原作

: 湊かなえ

家に縛られた娘。亡き父に後悔をもつ息子。
ある島で起こる ふたつの親子の物語

『告白』『白ゆき姫殺人事件』「リバース」など数々のヒット作を生み出すミステリー作家・湊かなえのベストセラー「望郷」が、主演に貫地谷しほりと大東駿介を迎えて完全映画化。『ディアーディアー』(第36回モントリオール世界映画祭正式出品)、『ハローグッバイ』(第29回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門正式出品)などを手掛ける菊地健雄が監督を務め、全編因島を中心とした瀬戸内地方にて撮影された映像に「直接見るよりも、カメラ越しに見た海の方がハッとさせられる景色」と湊かなえも唸るほど、その手腕を光らせています。出演陣には木村多江、緒形直人ら、実力派俳優陣が名を連ねます。 これまでの湊かなえ作品とは一線を画す、親子の感動ミステリーが誕生。

家に縛られた娘、幼い夢都子にとって“ドリームランド”は自由の象徴であった。時は流れ母となったある日、ドリームランド閉園の話を耳にする。彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、故郷に戻った航は亡き父を知る男と遭遇する。彼は航が知らない父の姿を語り始める―。ある島で起こる、ふたつの親子の物語。
  • オフィシャルサイト

©2017 avex digital Inc.

ポルトPorto

76分ポルトガル、フランス、アメリカ、ポーランド

公開予定日9/30(土)〜

前売券発売中

監督

: ゲイブ・クリンガー

出演者

: アントン・イェルチン、ルシー・ルーカス、パウロ・カラトレ、フランソワーズ・ルブラン、レオノール・ブルナー、レオノール・コルデス

製作総指揮

: ジム・ジャームッシュ

“ポルト”――リスボンに次ぐ、ポルトガル第二の都市。
ポートワインで有名なこの港町で、ふたりは出会った。
34歳の新鋭監督が描く、あまりに儚(はかな)くあまりに美しい夢物語。

男=ジェイク役には『スター・トレック』(09)シリーズや『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(13)などで将来を嘱望されながら、16年に27歳で惜しくも逝去したアントン・イェルチン。女=マティ役に本作が初主演のルシー・ルーカス。また『ママと娼婦』(73)のフランソワーズ・ルブランが重要な役どころで貫録を見せる。監督・脚本は、大学で映画学を教え批評家としても活躍するブラジル出身の新鋭、ゲイブ・クリンガー。処女作でヴェネチア国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を受賞、本作は長編劇映画初挑戦ながら、ジム・ジャームッシュがその稀有な才能に惚れこみ、製作総指揮を名乗り出たほど。共同脚本はクリント・イーストウッドの『トゥルー・クライム』(99)などを手掛けたラリー・グロス。

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にする。シーツの陰で、夜の街灯の下で、カフェの喧騒の中で、愛を語り合い、孤独に怯え、幸せの意味を噛みしめるふたり。しかし女には恋人がいた。あの夜を信じたい男と未来を忘れたい女の心は、互いに求め合いながらも、ひとつになることを拒む。やがてふたりのすれ違いが決定的に思えたそのとき、ある奇跡が起こる……。恋より儚く、愛より情熱的。そんな説明しがたい感情をスクリーンに焼き付けた、ロマンティックでほろ苦いラブストーリーが誕生した。
  • オフィシャルサイト

©2016 Bando a Parte – Double Play Films - Gladys Glover – Madants

月と雷

120分日本

公開予定日10/7(土)〜

前売券発売中R15+

監督

: 安藤 尋

出演者

: 初音映莉子、高良健吾、藤井武美、黒田大輔、市川由衣

: 村上淳、木場勝己、草刈民代

『八日目の蝉』『紙の月』の角田光代原作
初音映莉子×高良健吾 主演

まっとうな家族が作れるのだろうか。
そんなものを知らずに育った私たちに。

直木賞作家・角田光代の原点回帰と評された傑作を『blue』の監督・脚本コンビで完全映画化!!
  • オフィシャルサイト

(C)角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラTHE PRICE OF DESIRE

108分ベルギー、アイルランド

公開予定日10/14(土)〜

前売券発売中

監督

: メアリー・マクガキアン

出演者

: オーラ・ブラディ 、 ヴァンサン・ペレーズ、ドミニク・ピノン、アラニス・モリセット

モダニズム華やかなりし時代、二人の天才建築家の惹かれながらも相克する関係を美しき映像で綴る極上のドラマ。

1920年代、のちの近代建築の巨匠ル・コルビュジエは、気鋭の家具デザイナーとして活躍していたアイリーン・グレイに出会う。
彼女は恋人である建築家兼評論家のジャン・バドヴィッチとコンビを組み、建築デビュー作である海辺のヴィラ<E.1027>を手掛けていた。陽光煌く南フランスのカップ・マルタンに完成したその家はル・コルビュジエが提唱してきた「近代建築の5原則」を具現化し、モダニズムの記念碑といえる完成度の高い傑作として生みだされていた。当初はアイリーンに惹かれ絶賛していたル・コルビュジエだが、賞賛の思いは次第に嫉妬へと変化していく……。
  • オフィシャルサイト

© 2014 EG Film Productions / Saga Film © Julian Lennon 2014. All rights reserved.

婚約者の友人FRANTZ

113分フランス、ドイツ

公開予定日10/21(土)〜

前売券発売中

監督

: フランソワ・オゾン

出演者

: ピエール・ニネ、パウラ・ベーア、

愛する人の墓の前で泣いていた男
彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く──
モノクロ×カラーの映像美が謎を仕掛ける華麗なるミステリー

フランスの若き名匠フランソワ・オゾン監督の新たな傑作が誕生!「偉大な作品」「我々を完全に魅了した!」と各メデ ィアから最高峰の賛辞を贈られ、フランス国内で大ヒットを記録。映画作家としての円熟期を迎えつつあるオゾン監督の フィルモグラフィーのなかでも最高傑作との呼び声が高い最新作。

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。 だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの“正体”を告白する。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった──。
  • オフィシャルサイト

©2015 MANDARIN PRODUCTION–X FILME–MARS FILMS–FRANCE 2 CINEMA-FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU

ポンチョに夜明けの風はらませて

90分日本

公開予定日10/28(土)〜

前売券発売中

監督

: 廣原暁

出演者

: 太賀 、中村蒼、矢本悠馬、染谷将太

「あの頃」を忘れてしまった大人たちへ贈る、青春覚醒ロードムービー。

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、ジンは一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい” そんな思いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って海に向かう。旅の途中でグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)ら刺激的な“大人たち”と出会いながら、普段では味わえないハチャメチャな体験をする3人。一方、置いてけぼりをくらい、又八と約束した卒業ライブに向けてギターの練習に明け暮れる中田(染谷将太)。彼らの「青春」が、今ようやく動き出す―。
  • オフィシャルサイト

(c)2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会

おじいちゃん、死んじゃったって。

日本

公開予定日11/4(土)〜

前売券発売中PG12

監督

: 森ガキ侑大

出演者

: 岸井ゆきの

森ガキ侑大 初監督×岸井ゆきの 初主演。業界で最も注目される二人の満を持しての長編作!

数々の大ヒットCMを手掛ける森ガキ侑大監督が、3年間温めた企画が遂に完成!
最注目の若手女優 岸井ゆきのを迎え、「生」と「死」について、「今」の間隔で淡々と鋭く描き出す。
  • オフィシャルサイト

(C)2017「おじいちゃん、死んじゃったって。」製作委員会

南瓜とマヨネーズ

93分日本

公開予定日11/11(土)〜

前売券発売中

監督・脚本

: 冨永昌敬

原作

: 魚喃キリコ

出演者

: 臼田あさ美、太賀、浅香航大、若葉竜也、大友律、清水くるみ、岡田サリオ、光石研、オダギリジョー

恋愛漫画の金字塔にして
魚喃キリコの代表作、待望の映画化

日常の普遍的な尊さと女性の繊細な心情をリアルに描いた魚喃キリコの代表作『南瓜とマヨネーズ』。
恋愛漫画の金字塔にして、90年代を象徴する名作が鬼才・冨永昌敬監督によって実写映画化される。
出演に臼田あさ美、太賀、オダギリジョーを迎え、原作の持つ世界観を忠実に再現。
その出来栄えには原作者も「みごとにのまれた、感謝!」と最大級の賛辞を送る。
甘く切ない恋のほろ苦さ、人には言えない葛藤を描いた心に突き刺さる等身大の恋愛映画が誕生した。

ストーリー
ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。
一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。
しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。
ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョ−)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。
過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…。
  • オフィシャルサイト

©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

笑う故郷The Distinguished Citizen

117分アルゼンチン、スペイン

公開予定日11/18(土)〜

前売券発売中

監督

: マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット

出演者

: オスカル・マルティネス、ダディ・ブリエバ、アンドレア・フリヘリオ

それはノーベル賞受賞作家の40年ぶりの帰郷から始まった

2016年度ヴェネチア映画祭でのスタンディング・オベーションが異例の長さで話題をさらったアルゼンチン映画「笑う故郷」。それもそのはず、まるで濃い目のエスプレッソのようにコクのある緻密なストーリー展開、繰り広げられる人間模様に描かれるのは、笑うに笑えず、泣くに泣けない、可笑しさと哀しさ…。目の肥えた映画祭の観客の心をわし掴みにしたのだ。
また作品の高評価とともに注目を集めたのが主演のオスカル・マルティネス。圧倒的な彼の演技はまさに一世一代の名演技と,文句なしの主演男優賞の受賞となった!
監督は「ル・コルビュジエの家」の奇才ガストン・ドゥプラットとマリアノ・コーン。二人の演出力と脚本力は定評のあるところ。

アルゼンチン出身のノーベル賞作家ダニエルは、故郷の田舎町サラスからの招待を受け、40年ぶりに遥々スペインから帰郷する。国際的文化人ダニエルの帰郷に沸き上がるサラス。懐かしい故郷は、彼に「名誉市民」の称号を与え,人々は暖かく迎え入れてくれる。 青春時代を過ごした田舎町、旧友たちとの昔話、初恋の人との感傷的な再会…。町の絵画コンクールの審査員長も依頼され、故郷の英雄に熱い視線を送る若い女性なども出現し、ダニエルの帰郷は心地よい驚きと、秘密の喜びまでも味わっていた。
だが、ふと気づいてみると、彼を取り巻く事態は、いつの間にか思いもよらぬ方向へと方向転換しはじめ、田舎町サラスと国際人ダニエルは悲喜劇の渦に呑み込まれることに…。
  • オフィシャルサイト

永遠のジャンゴDjango

117分フランス

公開予定日11月公開(予定)

前売券発売中

監督・脚本

: エチエンヌ・コマール

出演者

: レダ・カテブ、セシル・ドゥ・フランス

1943年、ドイツ占領下のフランス・パリ――。
音楽を武器にナチスに立ち向かった伝説的JAZZギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる≪真実の物語≫

★第67回ベルリン国際映画祭 オープニング上映作品

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「マイナー・スウィング」など数々の名曲を残し、ジミ・ヘンドリックス、B.B.キング、エリック・クラプトン、ジェリー・ガルシア、ジミー・ペイジ、カルロス・サンタナ、ジェフ・ベックなど世界中のミュージシャンたちが、もっとも影響を受けた“ギターの英雄”と讃える天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト。才能に溢れた気ままで奔放なアーティストとして知られ、「ヨーロッパ初の偉大なジャズ・ミュージシャン」と評される彼の、第二次世界大戦中の知られざる物語が、初めて描かれる。
  • オフィシャルサイト

© 2017 ARCHES FILMS – CURIOSA FILMS – MOANA FILMS – PATHE PRODUCTION - FRANCE 2 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA

リュミエール!LUMIERE!

90分フランス

公開予定日12月公開(予定)

前売券発売中

監督

: ティエリー・フレモー

「映画の父」リュミエール兄弟の秘蔵作品の中から選ばれた108本!
4Kデジタルで鮮やかに蘇る“映画のはじまり”、112年前の世界へようこそ!

スピルバーグもルーカスもジェームズ・キャメロンもクロサワも小津も、映画はここから始まった――

1895年12月28日パリ。
フランスのルイ&オギュースト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画、工場から出てくる人々を撮影した有名な『工場の出口』が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒、現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、その当時世界中の人々を驚かせ興奮させた。
そして、そこに描かれているのは、あのころから現代に至るまで変わりのない人々の生きる姿――。本作は、1895年から1905年の10年間にリュミエール兄弟により製作された1422本の中から、カンヌ国際映画祭総代表、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分である。
映画を愛してやまない全ての人に贈る奇跡の映像の数々が、きっとあなたを122年前の世界の旅へと誘うだろう――。
  • オフィシャルサイト

© Sorties d’usine productions © 2017, Institut Lumière, Lyon

ビジランテ

125分日本

公開予定日12/9(土)〜

R15+

監督

: 入江悠

出演者

: 大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、篠田麻里子、嶋田久作

: 間宮夕貴、吉村界人、岡村いずみ、菅田俊

悲しみの「暴力」が生み出した衝撃の問題作

幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟が、父親の死をきっかけに再会する。深く刻まれた、逃れられない三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。 【「ビジランテ」とは「自警団」という意味を持つ。警察や法律が機能していない世界で、己の力で本当に大切なものを守る集団を指す。】
  • オフィシャルサイト

(C)2017「ビジランテ」製作委員会

彼女が目覚めるその日までBrain on Fire

89分カナダ、アイルランド

公開予定日12/16(土)〜

前売券発売中

監督

: ジェラルド・バレット

出演者

: クロエ・グレース・モレッツ、トーマス・マン、キャリー=アン・モス、リチャード・アーミテイジ、タイラー・ペリー、ジェニー・スレイト

第41 回トロント国際映画祭出品作品
主演:クロエ・グレース・モレッツ×製作:シャーリーズ・セロン
ニューヨーク・タイムズ ベストセラー・ノンフィクション第一位 待望の映画化!!

彼女の命は、絶対にあきらめないー
原因不明の病と闘った一人の女性と生きる希望をつないだ家族の絆を描く、感動の実話。

憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21 歳のスザンナ・キャハランは、1 面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、大失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、 検査結果は「異状なし」。日に日に混乱し、会話も出来なくなったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた――。
  • オフィシャルサイト

© 2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.

ヒトラーに屈しなかった国王The King’s Choice

136分ノルウェー

公開予定日今冬公開(予定)

前売券発売中

監督

: エリック・ポッペ

出演者

: イェスパー・クリステンセン、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カール・マルコヴィクス

1940年4月9日。ナチスに降伏を迫られた国王が選択した“決断”とはー。

アカデミー賞®外国語映画賞ノルウェー代表作品
ノルウェー・アマンダ賞8部門(作品賞・助演男優賞ほか)受賞!

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ドイツ公使は再度の降伏要求のため、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けることをつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民のため、国の運命を左右する究極の選択を迫られるー。 北欧の小国ながらナチス・ドイツに最も抵抗し続けたノルウェーにとって、歴史に残る重大な決断を下した国王・ホーコン7世の運命の3日間を描く。
  • オフィシャルサイト

(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

汚れたダイヤモンドDiamant noir

115分フランス、ベルギー

公開予定日今冬公開(予定)

監督

: アルチュール・アラリ

出演者

: ニールス・シュネデール、アウグスト・ディール、ハンス・ペーター・クロース、アブデル・アフェド・ベノトマン、ラファエル・ゴダン、ラグナト・マネ、ジョス・フェルビスト、ギヨーム・ヴェルディエ、ヒルデ・ファン・ミーゲン

その光は、復讐の輝き――

レオス・カラックス以来の衝撃と言われる、フランスの新たな才能の誕生!

2016年のフランス映画界で、最も傑出した才能の出現として話題になったアルチュール・アラリ監督による、フィルム・ノワールが誕生。自らがシェークスピアの『ハムレット』を下敷きにしたと語っているように、本作には<父と息子>という永遠のテーマが通奏低音のように流れている。原石のダイヤモンドに眠る、煌めく輝きと、坩堝のような深く暗い欲望。それを知ってしまった者には、もはや安穏は許されないのだった――。 監督のアルチュール・アラリは、本作において、フランス映画批評家協会・新人監督賞、リュミエール学院が主宰するジャック・ドレー(推理映画)賞、ボーヌ国際探偵映画祭・審査員賞およびクロード・シャブロル賞を受賞している。

フランス、パリ。強盗に明け暮れるピエールは、15歳から音信不通だった父が死んだことを突然知らされる。アントワープのダイヤモンド商家生まれの父は、ダイヤの研磨作業中に不慮の事故で手先を失い、その後精神を病み、家族の前からも姿を消し、野垂れ死んだのだ。それを知らされたピエールは、生家から追放された父の過去とみじめな最期に、父の兄ジョゼフを長とする一族への復讐と、ダイヤの強盗を誓う。舞台はパリから、ベルギーのアントワープへ。しかし生まれて初めてダイヤモンドに触れたピエールは、自分の体内に流れる、父から受け継いだ血が騒ぎだすのを感じるのだった。そしてそれは、悲劇への序章でもあった――。
  • オフィシャルサイト

© LFP‐Les Films Pelléas / Savage Film / Frakas Productions / France 2 cinéma / Jouror Productions

Page Top