近日上映作品 Coming Soon

エゴン・シーレ 死と乙女EGON SCHIELE - DEATH AND THE MAIDEN

109分オーストリア・ルクセンブルク

公開予定日1/28(土)〜

前売券発売中字幕版R15+

監督

: ディーター・ベルナー

出演者

: ノア・サーベトラ、マレシ・リーグナー、ファレリエ・ペヒナー

エゴン・シーレ没後、約100年。今なお、多くの画家やアーティストに多大なインスピレーションを与え続けるシーレの伝説、そして最高傑作「死と乙女」に秘められた愛の物語が今、明らかになる──。

第一次世界大戦末期のウィーン。天才画家エゴン・シーレはスペイン風邪の大流行によって、妻エディットとともに瀕死の床にいた。そんな彼を献身的に看病するのは、妹のゲルティだ。──時を遡ること、1910年。美術アカデミーを退学したシーレは、画家仲間と"新芸術集団"を結成、16歳の妹ゲルティの裸体画で頭角を現していた。そんなとき、彼は場末の演芸場でヌードモデルのモアと出逢う。褐色の肌を持つエキゾチックな彼女をモデルにした大胆な作品で一躍、脚光を浴びるシーレ。その後、敬愛するグスタフ・クリムトから赤毛のモデル、ヴァリを紹介されたシーレは、彼女を運命のミューズとして数多くの名画を発表。幼児性愛者という誹謗中傷を浴びながらも、シーレは時代の寵児へとのし上がっていく。しかし、第一次世界大戦が勃発。シーレとヴァリの愛も、時代の波に飲み込まれていく──。

エゴン・シーレを演じるのは、モデル出身の新人ノア・サーベドラ。美男のプレイボーイとして知られ、生涯のパートナーとも目されたヴァリを棄て、良家の子女を妻に迎える非情でいて野心的なシーレを、目を奪う白皙の美貌とともに説得力たっぷりに演じた。監督ディーター・ベルナーはかつてミヒャエル・ハネケ監督の『セブンス・コンチネント』で主役を演じたことのある異色のキャリアの持ち主。俳優出身の監督らしく、新人サーベドラの魅力を引き出し、鮮やかなデビューを飾らせた。シーレ「ヴァリの肖像」「横たわる女」やセセッシオンのクリムト「ヴェートーヴェン・フリーズ」など十数点の名画が映画全編にわたり効果的に映し出されるのも見逃せない。
  • オフィシャルサイト

©Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH

ショコラ 君がいて、僕がいるChocolat

119分フランス

公開予定日2/4(土)〜

前売券発売中字幕版PG12

監督

: ロシュディ・ゼム

出演者

: オマール・シー、ジェームス・ティエレ、クロチルド・エム、オリビエ・グルメ、フレデリック・ピエロ

俺たちは、ふたりで一つだ。

リュミエール兄弟の映画にも出演した伝説の芸人コンビで、フランス初の黒人芸人と、彼を支え続けた相方の白人芸人の半生を描いたドラマ。
「最強のふたり」で黒人として初めてセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したオマール・シーが主人公の黒人芸人ショコラを、チャールズ・チャップリンの実孫であるジェームス・ティエレが、相方のフティットを演じ、「チャップリンからの贈り物」「バードピープル」などで俳優としても活躍するロシュディ・ゼムがメガホンをとった。

1897年、フランス北部の小さなサーカスで出会い、コンビを組み人気を博した白人芸人フティットと黒人芸人ショコラ。パリの名門サーカスの専属となった2人は名声を手にするが、人種差別の世間の偏見がショコラの前に立ちはだかる。その現実から逃れるかのように、ショコラはギャンブルに溺れていく。彼の才能を信じる相方のフティットは、ショコラを支え続けていく。
  • オフィシャルサイト

Photographe Julian Torres (C) 2015 Mandarin Cinema – Gaumont

たかが世界の終わりIt's Only the End of the World

99分カナダ、フランス

公開予定日2/11(土)〜

前売券発売中字幕版PG12

監督

: グザビエ・ドラン

出演者

: ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥー、マリオン・コティヤール、バンサン・カッセル

これが最後だなんて、僕たちは哀しいくらい不器用だった。

「Mommy マミー」「わたしはロランス」などで高い評価を受けるカナダの若手監督グザビエ・ドランが、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤール、「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥー、「ハンニバル・ライジング」のギャスパー・ウリエルらフランス映画界を代表する実力派キャスト共演で撮りあげた人間ドラマ。劇作家ジャン=リュック・ラガルスの舞台劇「まさに世界の終わり」を原作に、自分の死期が近いことを伝えるため12年ぶりに帰郷した若手作家の苦悩と家族の葛藤や愛を描き、第69回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた。若手作家のルイは自分がもうすぐ死ぬことを知らせるため、長らく疎遠にしていた母や兄夫婦、妹が暮らす故郷へ帰ってくる。しかし家族と他愛のない会話を交わすうちに、告白するタイミングを失ってしまい……。
  • オフィシャルサイト

(C)Shayne Laverdière, Sons of Manual

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮Leonardo da Vinci - Il genio a Milano

81分イタリア

公開予定日2/18(土)〜

前売券発売中字幕版

監督

: ルカ・ルチーニ、ニコ・マラスピーナ

出演者

: ピエトロ・マラーニ、マリア・テレサ・フィオリオ 、ビットリオ・スガルビ

15世紀“ミラノの天才”が残した永遠の謎を紐解くドキュメンタリー

イタリアのルネサンス期を代表する芸術家で、絵画、彫刻、建築、数学、物理などあらゆる分野で功績を残した、希代の天才レオナルド・ダ・ビンチの偉業と謎の多い人物像に迫るドキュメンタリー。
ダ・ビンチ研究の第一人者であり、「最後の晩餐」の修復責任者のピエトロ・マラーニをはじめ、各分野の専門家にダ・ビンチ作品、業績の解説や、4Kスキャン映像によって記録された「最後の晩餐」や「モナ・リザ」、「ミラノの貴婦人の肖像」といった代表作や素描100点以上などを紹介。
ダ・ビンチの作品群の数々当時のミラノで最新テクノロジーを担った創作過程におけるメカニズムにも着目し、再現ドラマも交え、レオナルド・ダ・ビンチの人物像を多角的に分析していく。監督は「ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿」のルカ・ルチーニ。
  • オフィシャルサイト

(C)Rai Com – Codice Atlantico - Skira Editore 2016

東京ウィンドオーケストラ

75分日本

公開予定日2/25(土)〜

前売券発売中

監督・脚本

: 坂下雄一郎

出演者

: 中西美帆、小市慢太郎、松木大輔、星野恵亮、遠藤隆太

舞台は世界遺産・屋久島。
有名オーケストラと間違われて島にやってきたアマチュアオーケストラ楽団と、彼らを“本物”として押し通そうとする島の女性職員が巻き起こす、笑いと感動のハート・ウォーミング・コメディ!

“作家主義”ד俳優発掘”を掲げて立ち上がった、松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト。第1弾『滝を見にいく』(沖田修一監督)、第2弾『恋人たち』(橋口亮輔監督)に続く待望の第3弾が、本作『東京ウィンドオーケストラ』。監督は東京藝術大学大学院在学中に手がけた『神奈川芸術大学映像学科研究室』が内外で高く評価された新鋭・坂下雄一郎。監督自身によるオリジナル脚本を元に、3週間にわたるオール屋久島ロケを敢行して撮影された。出演は、いま最注目の若手女優・中西美帆(『喰女−クイメ−』『惑う After the Rain』)。個性豊かなアマチュア楽団員たちは、ワークショップで選抜されたキャリアも年齢もバラバラな新人俳優たちが熱演。さらに実力派・小市慢太郎(『るろうに剣心』『秘密 THE TOP SECRET』)が脇を固め、作品に厚みを与えている。世界遺産・屋久島を舞台に、思わず笑いがこぼれ、最後はじんわり胸にせまるハート・ウォーミングなコメディドラマが誕生した!

屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催されることになった。担当の役場職員・樋口が港に迎えに行くと、そこにいたのは観光気分の10人の楽団員たち。だが島をあげての大歓迎を不審に思った彼らは、自分たちが有名オーケストラと間違われていることに感づき、島から逃亡しようとする。同じ頃、彼らが偽物だと気づいた樋口は自分のミスを隠すため、彼らを“本物”としてだまし通すことを決意する―。刻一刻と迫る開演時間。果たして樋口と素人同然のアマチュア楽団員たちは、このピンチを乗り切ることができるのか!?
  • オフィシャルサイト

©松竹ブロードキャスティング

The NET網に囚われた男THE NET

112分韓国

公開予定日2/25(土)〜

前売券発売中字幕版

監督

: キム・ギドク

出演者

: リュ・スンボム、イ・ウォングン、キム・ヨンミン、チェ・グィファ、他

世界三大映画祭を制し、頂点を極めたキム・ギドク監督。あらゆるタブーを描いてきた韓国の巨匠が、南北の分断をテーマに挑んだ衝撃作。

2011年カンヌ(『アリラン』ある視点部門最優秀作品賞)、2004年ヴェネチア(『うつせみ』監督賞)、2004年ベルリン(『サマリア』監督賞)と、世界三大映画祭を制覇。『嘆きのピエタ』で、2012年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(最高賞)に輝いた、韓国随一の鬼才キム・ギドク。『The NET 網に囚われた男』は、これまでの20本を超えるギドク映画を総括するとともに、さらなる高みに飛躍を遂げたギドクが、世界に放った、社会派ヒューマン・ドラマの傑作である。

北朝鮮の漁師ナム・チョルは、いつものように自分の舟で漁にであるが、網がエンジンに絡まり韓国側に流されてしまう。一日も早く妻子の元に戻ることだけが望みだった彼は、韓国警察からの過酷な拷問と亡命の強要に耐えるのだったが…。一人の男の運命を通し、国家と個人という枠を超えて、常に弱者が犠牲を強いられ切り捨てられる現代社会の矛盾と闇が見えてくる。主演は、アクション俳優としても評価の高い個性派リュ・スンボム。彼の監視役に就く若き捜査官には、イケメン次世代スター、イ・ウォングン。さらに、ギドク映画4作目となるキム・ヨンミンに、「メビウス」での一人二役が鮮烈だったイ・ウヌなど。鬼才キム・ギドクがバイオレンスを抑え、祖国への切実なる想いを託した本作はギドクワールドの新たな地平を切り開く、必見の作。
  • オフィシャルサイト

©2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

ヨーヨー・マと旅するシルクロードThe Music of Strangers

95分アメリカ

公開予定日3月公開(予定)

字幕版

監督

: モーガン・ネヴィル

出演者

: ヨーヨー・マ、ジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ケイハン・カルホール、梅崎康二郎、ボビー・マクファーリン

『バックコーラスの歌姫たち』でアカデミー賞®を受賞したモーガン・ネヴィル監督が現代最高のチェリスト、ヨーヨー・マの奏でる音楽とそのルーツに迫る珠玉のドキュメンタリー。

世界的チェロ奏者であるヨーヨー・マが、2000年に【音の文化遺産】を世界に発信するために立ち上げた“シルクロード・アンサンブル”。
異文化がクロスするシルクロードにゆかりがあり、さまざまな歴史的、文化的、民族的、政治的背景を背負ったメンバーたちとともに、ヨーヨー・マは自分自身のアイデンティティを確立していく。
世界トップの演奏家ヨーヨー・マが追求しているものは何か?
パリの幼少期からの貴重な映像、ニューヨークで親交を深めたジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ボビー・マクファーリンなどの証言と、名曲の演奏シーン。ステージでは見ることのできない音楽創造過程や、世界中の音楽仲間たちとの熱いセッションの数々。ケマンチェ、中国琵琶、尺八、バグパイプなど伝統的な東西の音楽と現代音楽とが融合し、国境を超えた究極の音楽そして人間のハーモニーが紡がれ、観る者の心に響く。
本年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞』の呼び声も高い。

(c)2015, Silk Road Project Inc., All Rights Reserved

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うDemolition

101分アメリカ

公開予定日3/11(土)〜

前売券発売中字幕版PG12

監督

: ジャン=マルク・ヴァレ

出演者

: ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、他

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。 僕はあまりにも君に無関心だった―。

ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだー?「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・

本作は、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』の監督・ジャン=マルク・ヴァレの待望の最新作。「僕は幸せを掴もうともがいている人に惹かれる。この映画は人生を再び始めるための、勇気いる旅路が美しかったんだ」と語り、何事にも無感覚になっている主人公の心の迷いに寄り添いながら、美しい映像と共にエモーショナルに描き切った。そして、『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くし、自分を見失った空虚な男の脆さを、繊細な演技で見事に表現。また、ナオミ・ワッツが、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくシングルマザーを演じている。
  • オフィシャルサイト

©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.

しゃぼん玉

108分日本

公開予定日3月公開(予定)

前売券発売中

監督

: 東伸児

出演者

: 林遣都、市原悦子、藤井美菜、相島一之、綿引勝彦

直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説、待望の映画化。

原作は、直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説『しゃぼん玉』(新潮文庫刊)。親に見捨てられ、通り魔や強盗傷害を繰り返す無軌道な若者が、逃亡先で偶然出会った老婆や村の人々の愛情によって失くした感情を取り戻していく。血の繋がりを超えた絆と、人間の再生を描いた感動傑作。TV「相棒」シリーズで監督を務めてきた東伸児の、劇場初監督作品となる。

映画の舞台の中心となったのは、九州中央山地のほぼ中心に位置しており、日本の三大秘境と言われる宮崎県の椎葉村。宮崎県北部の絶景や素晴らしい原風景、恵まれた自然の素材を活かした郷土料理も、映画に彩りを添えている。主演の伊豆見役に、又吉直樹原作のNetflixオリジナルドラマ「火花」(主演)など立て続けに話題作に出演し、近年活躍が目覚ましい林遣都。伊豆見が逃亡先で出会う老婆・スマ役に、日本を代表する女優・市原悦子。ある事件をきっかけに村に戻ってきた美知役には、韓国で爆発的人気を誇る新鋭・藤井美菜。厳しくも伊豆見を見守る村人・シゲ爺役に線引勝彦、スマの息子役に相島一之を迎える。
  • オフィシャルサイト

(c)2016『しゃぼん玉』製作委員会

汚れたミルク あるセールスマンの告発Tigers

90分インド・フランス・イギリス合作

公開予定日今春公開(予定)

前売券発売中字幕版

監督

: ダニス・タノビッチ

出演者

: イムラン・ハシュミ、ギータンジャリ、ダニー・ヒューストン、カーリド・アブダッラー 、アディル・フセイン

巨大グローバル企業が販売する「世界最高の粉ミルク」その裏側で奪われる小さき命たち―

1997年。あるグローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡する事件が発生した。セールスマンのアヤンは、自らが販売した商品が子供たちの命を奪っている事に気づき、世界最大企業を訴えようとする。アヤンの前に立ちはだかる、途方もなく巨大な権力の壁。しかし、男は人生の全てを投げうって立ち向かう。子供たちを守るため、そして愛する家族のために―。パキスタンで実際に起こった事件を基にした、隠された真実の物語。映画は善良なセールスマンの無謀とも言える奮闘を、真正面から力強く描きあげた。男の勇気ある行動は、信念を貫くということ、何事にも代え難い命の尊さを教えてくれる。世界で議論を巻き起こした幻の問題作が、ついに満を持して世界初公開となる。
  • オフィシャルサイト

©Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014

サラエヴォの銃声Smrt u Sarajevu

85分フランス・ボスニア・ヘルツェゴビナ合作

公開予定日今春公開(予定)

前売券発売中字幕版

監督

: ダニス・タノビッチ

出演者

: ジャック・ウェバー、スネジャナ・ビドビッチ、イズディン・バイロビッチ、ベドラナ・セクサン、ムハメド・ハジョビッチ

"ホテル・ヨーロッパ"を舞台に繰り広げられる、100年前のサラエヴォ事件と現代が交錯する緊迫の85分間―

"ホテル・ヨーロッパ"は、第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年の記念式典を行うための準備に追われていた。ホテルに集うさまざまな人たち―仕事熱心な美しい受付主任、屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト、100年前の暗殺者と同じ名を持つ謎の男、演説の練習をするVIP、ストライキを企てる従業員たちとそれを阻止しようとする支配人。人びとの思惑が絡み合い、次第に狂いだす運命の歯車。やがて高まる緊張は、一発の銃声によって破られる。世界が絶賛し、見事ベルリン国際映画祭で二冠に輝き、本年度アカデミー賞®外国語映画賞ボスニア・ヘルツェゴビナ代表に選出された。グランドホテル形式で緊迫感たっぷりに描き出す社会派サスペンスの傑作が誕生!
  • オフィシャルサイト

© Margo Cinema, SCCA/pro.ba 2016

午後8時の訪問者La fille inconnue

113分ベルギー・フランス合作

公開予定日4/8(土)〜

前売券発売中字幕版

監督

: ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ

出演者

: アデル・エネル、オリビエ・ボノー、ジェレミー・レニエ、オリビエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネ

「ロゼッタ」「ある子供」でパルムドールを受賞し、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品

ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベルが鳴るが、若き女医のジェニーはそのベルに応じなかった。しかし翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに収められていた。少女はなぜ診療所のドアホンを押し、助けを求めていたのか。少女の死は事故なのか、事件なのか。そして、ジェニーはなぜドアホンに応じなかったのか。さまざまな疑問が渦巻く中、ジェニーは医師である自身の良心や正義について葛藤する。

主人公のジェニー役を「スザンヌ」のアデル・エネルが演じ、ジェレミー・レニエ、オリビエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネらダルデンヌ兄弟作品の常連俳優たちが脇を固める。
  • オフィシャルサイト

(c)Christine Plenus

話す犬を、放す

84分日本

公開予定日今春公開(予定)

前売券発売中

監督・脚本

: 熊谷まどか

出演者

: つみきみほ、田島令子、眞島秀和、木乃江祐希

おかげで、いい母娘になれそうです。

「はっこう」「世の中はざらざらしている」などの短編作品が国内外の映画祭で高く評価された熊谷まどか監督が長編初メガホンをとり、売れない女優と認知症の母が織り成す葛藤の日々を、独特のユーモアを交えながらつづったハートフルコメディ。
43歳の売れない女優レイコのもとに、人気俳優になったかつての仲間・三田からの紹介で映画出演の仕事が舞い込む。
しかし時を同じくして、母ユキエがレビー小体型認知症を発症し、昔の愛犬チロの幻視に悩まされるようになってしまう。
レイコは女優として成功する最後のチャンスをつかむべく奮闘しながら、母との生活も両立させようと悪戦苦闘するが……。
声優としても知られる田島令子と「櫻の園」のつみきみほが母娘役を演じる。
  • オフィシャルサイト

(C)2016 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ

海辺のリア

日本

公開予定日6月公開予定

監督

: 小林政広

出演者

: 仲代達矢 黒木華 原田美枝子 小林薫 阿部寛

2017年、役者・仲代達矢 始動―

仲代達矢―。
84歳。俳優人生63年。
黒澤明、小林正樹をはじめ日本映画界を代表する数々の巨匠、名匠、奇才に愛され、近年は国際的再評価が高まるなど、日本映画界最高峰に相応しい俳優である。

本作品の脚本・監督は、小林政広。
カンヌ国際映画祭で才能を見いだされ、カンヌへ四作品を公式出品。さらに、世界三大映画祭に次ぐ、ロカルノ国際映画祭では、「愛の予感」(2007)が最高賞の金豹賞ほか3賞同時受賞の快挙を成し遂げるなど、その独創的映画作法は、特に海外で高く評価されている。

仲代と小林は、映画「春との旅」(2011)で巡り会い、意気投合し、「日本の悲劇」(2013)そして、本作品はコンビ三作目となる。
仲代が演じるのは、かつての映画スター、桑畑兆吉。兆吉は、数々の映画や舞台に主演した名優であるが、シェイクスピアの「リア王」だけは演じたことがなかった。その兆吉に認知症の疑いが・・・。兆吉に「リア王」が重なるクライマックスは圧巻である。

小林のオリジナルストーリーによる前代未聞の設定に仲代はじめ、 黒木華、原田美枝子、小林薫、そして阿部寛の実力派が挑む。 はやくも、国内のみならず海外からも注目が集まる意欲作だ。



【STORY】
桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。
芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。
遺書を書かされた挙句にだ。
しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あてもなく海辺を歩き続ける。シルクのパジャマ姿にコートを羽織り、スーツケースをひきずって―。
兆吉は彷徨い歩くなかで、妻とは別の女に産ませた娘、伸子(黒木華)と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。
伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉。兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。
かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿る―。
  • オフィシャルサイト

(C)「海辺のリア」製作委員会

Page Top