トピックス Topics

イベント2011.7.6

ゆうばりファンタオールナイトその2:ポーラーサークル〜未知なる生物オムニバス「ゆうばりロックフェスティバル・イン・トーキョー」

★チケットご購入済のお客様へ
チケットの開催日日付がシステムの不具合により9/24(土)0:00と表記されておりますが、正しくは9/24(土)24:00(9/25(日)0:00)です。
ご迷惑をお掛け致しまして大変、申し訳ございません。
ご来場日をお間違えになりませんよう、ご注意下さい。



映画を愛するミュージシャンと、ロックを愛する映画監督の、夢のコラボレーション!
映画監督・柴田剛と蔭山周により、ゆうばり映画祭初のロックフェスティバルとして2009年にスタート。2回目に開催された2011年は海外でも活躍するアーティストが多数参加し、さらに未知なる生物にまつわる傑作ショートフィルム『ポーラーサークル〜未知なる生物オムニバス』も上映された。そのゆうばり映画祭の楽しさをそのままパワーアップして再現!


【上映作品】
『ポーラーサークル〜未知なる生物オムニバス』
(オムニバス7作品+幕間短編)
詳細は、下記・上映作品概要を参照

【予定ゲスト】
監督:大畑創 小林でび 和田浩之 加賀賢三、あさいやすし、蔭山周&千木良悠子、特技監督:田口清隆、ほか出演者多数。

【ライブ出演アーティスト】
あがた森魚


あらかじめ決められた恋人たちへ(ソロ編)
blgtz 【ビルゲイツ】
リニヤモーター
おばけのマリコローズ


【日時】
2011年9月24日(土) 24時スタート!

【会場】
テアトル新宿(東京都新宿区新宿3−14−20)


【チケット購入方法について】

料金:3,000円均一
全席指定制・立見あり

<劇場窓口先行販売>
9/10(土)よりテアトル新宿窓口にて販売開始致します。

※予定枚数終了次第、販売終了致します。
※チケット窓口の営業は開館時刻から最終回上映開始時刻までとなります。
※混雑状況により、当日ご鑑賞のお客様を優先的にご案内させていただく場合がございます。
※ご購入後の変更、キャンセルは出来ません。


<WEB予約購入>
受付期間:9/21(水)〜9/23(金)

※予定枚数終了次第、販売終了致します。
※クレジットカードでの決済となります。
※受付後の変更・キャンセルはできません。
※WEB予約購入専用の座席の中から、お座席をお選びいただけます。
劇場窓口先行販売分とは連動しておりませんので、WEB予約購入分が完売した場合でも、劇場窓口先行販売分に残席がある場合がございます。

※詳細は直接劇場までお問い合わせ下さい。
テアトル新宿 03-3352-1846
(営業時間外・入替中はテープでのご案内となります)


【上映作品概要】
新しい日本映画の可能性を追求する21世紀型ユニット「ポーラーサークル」による、SFオムニバス新企画。今回のテーマはなんと未知なる生物!「人ならざるもの」を通して「人」の本質に迫ります。注目の参加監督は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010で『おばけのマリコローズ』がファンタランド大賞に輝いた小林でび、『大拳銃』で同映画祭とPFFの審査員特別賞をダブル受賞した大畑創、水戸短編映像祭グランプリ受賞の和田浩之など、才能溢れる監督7人が集結。さらに特技監督として『長髪大怪獣 ゲハラ』の田口清隆も緊急参加。日本映画の未来がここに!

■『ポーラーサークル/Polar Circle』とは…
異能監督・蔭山周により結成された新日本映画ユニット。
polar circleとは一般に北極圏・南極圏の意で、それぞれの分野での「極み」を目指し、かつ偏ることなくそこでの「中心」を志した活動集団である。
今後も新しい才能を発掘し、21世紀にふさわしい企画を展開していく。

【上映作品詳細】
『へんげ』
2011年/日本語(英語字幕)/54分

■解説
虫のような存在に意識を乗っ取られてしまい、発作的に錯乱状態に陥ってしまうようになった門田吉明。親族にも医療にも見放されてしまった吉明を妻の恵子だけが手厚く介護する。ある日、いつもの発作が起きるが、なんと吉明の身体におぞましい異変が起こる。その日を境に、門田家の周辺では、通り魔殺人事件が頻発し始める。吉明は、はたまた恵子は異変を受け入れることが出来るのか?

■スタッフ
脚本・監督:大畑創
撮影:四宮秀俊
音楽:長嶌寛幸
特技監督:田口清隆

■キャスト
森田亜紀
相澤一成
信國輝彦

■大畑創監督プロフィール
2008年『大拳銃』を監督。2009年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門&ぴあフィルムフェスティバルで『大拳銃』が審査員特別賞をW受賞。2010年ホラーTVドラマ「怪談新耳袋」の一篇『庭の木』を監督。


『ソクラテスエクセルサ』
2009年/日本語(英語字幕)/14分

■解説
一時期大流行したものの、最近ではすっかり飽きられてしまった「歩く木」。ある日の森に、そんな木を棄てるつもりらしき女が踏み込んでいた。彼女の前に棄てられた「歩く木」たちを拾い集め世話しているというもう一人の女が現れて…。

■スタッフ
脚本・監督:和田浩之
制作:ヨウリョク

■キャスト
三坂知絵子
来栖涼子

■和田浩之監督プロフィール
監督第1作『揚力の日』が第4回水戸映像祭でグランプリを受賞。プサン短編映画祭でも招待上映。続く『モグラの家族』『in a box in a box』『ベガ』も国内外の映画祭で受賞、招待上映と好評を博する。執筆、絵、各種クラフトなど多岐に渡って創作活動を展開中。


『未知なるヒカリ』
2011年/日本語(英語字幕)/24分

■解説
ヒカリは子供のころから社会に今ひとつ馴染めないことから、自分は実は宇宙人で、いつかUFOが来て自分を迎えに来てくれるんだと思っていた女の子。そんな彼女がUFOを待つのを諦めようとしたその時、目の前にUFOが現れる。が、それは彼女が待っていたUFOとはちょっと違っていた。。。

■スタッフ
脚本・監督:小林でび
撮影:松井宏樹

■キャスト
片倉わき
園部貴一
小林でび

■小林でび監督プロフィール
漫画家、ミュージシャン、舞台役者などを経て、現在映画監督に。2010年『おばけのマリコローズ』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭でファンタランド大賞(観客賞)を受賞。ひろしま映像展ではグランプリと演技賞をW受賞。東京国際レズビアン&ゲイ映画祭ほか、全国のLGBT系映画祭でも上映され話題を呼んだ。

『おまめ-united colors of bean』(アニメーション作品)
2010年/日本語(英語字幕)/5分

■解説
黒いお豆が色の違う赤いお豆に恋をした。自分の色を隠して愛を告げるが正体がバレてしまう。恋や人種、民主主義のおはなしです。

■スタッフ
脚本・監督・音楽:あさいやすし

■キャスト(声)
うえはらしょういちろう
うえはらゆみこ

■あさいやすし監督プロフィール
東京生まれ。童謡パンクバンド「リニヤモーター」のバンマス。2006年より自曲のアニメーション制作を行っている。 京都精華大学マンガ学部マンガプロデュース学科講師


『ウィーウィルの蜜のジュース』
2009年/日本語(英語字幕)/16分

■解説
ある時ある場所で戦争が始まった。毎日お芋ばかりでウンザリしていた中学生のヒカリは、傷ついた敵国の捕虜に恋をする。詩人を夢見る親友のヨモギに教えられ、捕虜が欲しがる未知なる花「ウィーウィル」を一人で取りに行くヒカリ。しかしそれは悲劇の始まりだった…。

■キャスト
溝口まりも
村上友梨
Norman England

■スタッフ
脚本・監督 蔭山周&千木良悠子
美術監督 江津匡士
音楽 あさいやすし

■蔭山周監督プロフィール
庵野秀明総監督作品『GAMERA1999』の撮影でデビュー。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門で『ナッツ』(共同監督:千木良悠子 丈和)が審査員特別賞を受賞。『しょじょ を かる』『モロヘイヤWAR』が劇場公開され、『恋人〜モナムール〜』は東京国際ファンタスティック映画祭に招待上映。『裸 over8』では初プロデューサーを務めた。

■千木良悠子(小説家)プロフィール
著書に『猫殺しマギー』(産業編集センター)、『青木一人の下北ジャングルブック』(ヴィレッジ・ブックス)などがある。また理論社「よりみちパン!セ」のwebにて『正しい処女の失いかた』を連載。役者としても活動歴があり、蔭山周とは共同で数本の短編映画を監督している。


『卵の殻、縦に割るか?横から割るか?』
2011年/日本語(英語字幕)/18分

■解説
「私、こびとが見えるんです」新作監督作品『女こそ未知である』のオーディションで耳にしたこの言葉が加賀の運命を変えた。新作の制作もそっちのけでこびと探しを始める加賀。本当にこびとは実在するのか?そして加賀は何故にこびとを追い求めるのか?その答え追うカメラ。その映像によって次第に明らかになる真実。偶然と必然の狭間で加賀は地獄を見る。

■スタッフ
脚本・監督:加賀賢三
撮影:蔭山周
編集:加藤雄樹

■キャスト
藤宮綾
神谷美伽
山下奈々

■加賀賢三監督プロフィール
『over8』参加作品『ムゲントイスペス』が調布映画祭ショートフィルムコンペにて「ほしのあきら賞」を受賞。松江哲明監督作品『童貞。をプロデュース』には童貞1号として出演。『電波大戦』が『裸 over8』に収録され劇場公開&DVDリリース。


『島』
2011年/日本語(英語字幕)/29分

■解説
無人島であるはずの孤島にとてつもなく足の速い男がいるらしいとの情報を得て、スカウトに訪れた元陸上競技選手の二人。しかし発見したのは考えられない俊足を持った原人のような男だった。二人はあの手この手を使ってこの男と意思の疎通を図ろうとするが…。 

■スタッフ
監督・脚本:和田浩之
美術:アデリアエ・エンジニアリング

■キャスト
籾井洋太
田原イサヲ
山口正人


『オープニング、幕間映像』
■スタッフ
監督:蔭山周

■キャスト
三田真央
秋山真太郎


ポーラーサークル〜未知なる生物オムニバス (C)2011 Polar Circle

(C)2011 Polar Circle

一覧に戻る122

Page Top