上映中作品 Now Showing

未来よ こんにちはThings to come

102分フランス・ドイツ

終映日未定

PG12

監督

: ミア・ハンセン=ラブ

出演者

: イザベル・ユペール、アンドレ・マルコン、ロマン・コリンカ、エディット・スコブ

凛として生きる。
過ぎ行く時に逆らわないヒロインの誕生に全世界が共感!

★第66回ベルリン国際映画祭 銀熊(監督)賞受賞

パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と独立している二人の子供がいる。哲学の授業に情熱を傾け、年老いた 母親の面倒をみる日々。そんなある日、夫に別の女性ができ、彼女と生活をすると告げられる。続けて長い付き合いだった出版社とは契約も終了し、母は他界する。バカンスシーズンを前に、ついにおひとり様となったナタリーは完全なる自由を得て、人生を再スタートさせるのだが…。

最も旬な女優イザベル・ユペールを迎え、孤独や時の流れをしなやかに受け入れていく潔い生き方を提示し、愛に満ちた人間ドラマを生みだした。
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

©2016 CG Cinéma • Arte France Cinéma • DetailFilm • Rhône-Alpes Cinéma

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由Mon Roi

126分フランス

終映日未定

R15+

監督

: マイウェン

出演者

: ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ベルコ、ルイ・ガレル、イジルド・ル・ベスコほか

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』の鮮烈な愛から30年、カンヌが絶賛する才能が贈る、官能的な大人のための恋愛映画

★第68回カンヌ国際映画祭女優賞受賞
★第41回 セザール賞 主要8部門ノミネート


弁護士のトニーはスキーで大けがを負いリハビリをしながら、ジョルジオとの波乱に満ちた関係を振り返る。あれは10年前、トニーは学生時代に密かに憧れていたジョルジオとパリで再会。機転の利いたアプローチで彼の心をつかみ、激しい恋に落ちる。いつも美女を引き連れていた彼の過去を心配しながらも、「運命の女だ」という彼の言葉を信じるトニー。やがて妊娠が判明、愛情に満ちた結婚式を挙げるが…。

本作の監督マイウェンは、リュック・ベッソン監督作品などに女優として出演、監督前作の「パリ警視庁:未成年保護特別部隊」がカンヌ国際映画祭で絶賛され、審査員賞を受賞した新しい才能。
愛さずにはいられないセクシーなダメ男を演じるのは、今やハリウッドでも大役をはる名優ヴァンサン・カッセル。トニーには、『太陽のめざめ』の女性監督として話題となったエマニュエル・ベルコ。恋の喜びと愛の不安に激しく揺れながらも、自分を取り戻そうと闘う女性を熱演し、女優賞を受賞。
愛にまつわる幾千の謎がつまった、すべての女性の胸を焦がす10年間の物語。
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

© 2015 / Les Productions Du Trésor - STUDIOCANAL - France 2 Cinéma - Les
Films de Batna - Arches Films - 120 Films – All Rights Reserved

わたしは、ダニエル・ブレイクI, Daniel Blake

101分イギリス・フランス・ベルギー合作

終映日未定

監督

: ケン・ローチ

出演者

: デイブ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ

名匠ケン・ローチが全世界に贈る最後のメッセージ

★第69回カンヌ国際映画祭 パルムドール(最高賞)受賞

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働くダニエル・ブレイク。心臓に病を患ったダニエルは、医者から仕事を止められ、国からの援助を受けようとしたが、複雑な制度のため満足な援助を受けることができないでいた。シングルマザーのケイティと2人の子どもの家族を助けたことから、ケイティの家族と絆を深めていくダニエル。しかし、そんなダニエルとケイティたちは、厳しい現実によって追い詰められていく。

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で、「麦の穂をゆらす風」に続く2度目の最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督作品。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる。
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

(C)Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

雪女

96分日本

終映日未定

監督

: 杉野希妃

出演者

: 杉野希妃、青木崇高、山口まゆ、佐野史郎

―恐怖と神秘と、そして雪の結晶のように繊細ではかなく美しい愛の物語―

ある時代、ある山の奥深く、吹雪の夜。
猟師の巳之吉は、山小屋で、雪女が仲間の茂作の命を奪う姿を目撃してしまう。雪女は「この事を口外したら、お前の命を奪う」と言い残して消え去る。翌年、茂作の一周忌法要の帰り道に、巳之吉は美しい女ユキと出会う。やがて二人は結婚し、娘ウメが生まれる。
14年後。美しく聡明な少女に成長したウメは、茂作の遠戚にあたる病弱な幹生の良き話し相手だった。しかしある日、茂作の死んだ山小屋で幹生が亡くなってしまう。幹生の遺体には、茂作と同じような凍傷の跡があった。ユキの血を引く娘のせいだと、巳之吉を激しく問いつめる幹生の祖父。巳之吉の脳裏に14年前の出来事が蘇り、以前から自分の中にあったユキに対する疑心と葛藤する。自分があの夜の山小屋で見たものは何だったのか、そしてユキは誰なのか…。

100年以上前に小泉八雲が著した「怪談」は、日本各地の伝説を怪奇文学に昇華させた作品。その中の一編「雪女」を独自の解釈で国際派映画人・杉野希妃が映画化した。

※英語字幕付
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

©Snow Woman Film Partners

Page Top