上映中作品 Now Showing

天使にショパンの歌声をLa Passion d’Augustine

103分カナダ

終映日未定

PG12

監督

: レア・プール

出演者

: セリーヌ・ボニアー、ライサンダー・メナード、ディアーヌ・ラヴァリー、ヴァレリー・ブレイズ、

自然豊かな美しいケベックの小さな音楽学校。 突然訪れた学校閉鎖の危機に揺れる、教師と生徒たち。 音楽の力を信じて、いま彼女たちの心は一つになる――

白銀の世界に佇む小さなカナダの寄宿学校。そこは音楽教育に力を入れ、コンクール優勝者も輩出する立派な名門校だった。
しかし、ケベックの急速な近代化により、修道院による学校運営が見直され、採算の合わない音楽学校は閉鎖の危機に直面することに。校長であり教育者であるオーギュスティーヌは必死に抵抗し、音楽の力で世論を動かす秘策を考える。
一方、転校してきたばかりの姪のアリスに天性のピアニストの才能を見出すが、アリスは一筋縄ではいかない問題児。オーギュスティーヌは、孤独で心を閉ざしたアリスに、音楽の素晴らしさを教えようとするのだが・・・。
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

(c)2015−8212-9294-9759 QUEBEC INC. (une filiale de Lyla Films Inc.)

ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿Teatro alla scala - Il tempio delle meraviglie

102分イタリア

終映日未定

監督

: ルカ・ルチーニ

出演者

: アルトゥーロ・トスカニーニ、ルキノ・ヴィスコンティ

イタリア・ミラノにある舞台芸術の最高峰スカラ座。過去、現在、未来……偉大な芸術家たちの精神が息づく魅惑の神殿──

50年代にヴィスコンティ演出「椿姫」でマリア・カラスという伝説のスターが生まれ、以後オペラ、バレエ、クラシック音楽の光り輝く歴史が刻まれたスカラ座を時空を超えて旅し、その全貌に迫るアート・ドキュメンタリー!
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

© Rai Com - Skira Classica - ARTE France - Camera Lucida Productions 2015

ミルピエ 〜パリ・オペラ座に挑んだ男〜Relève

115分フランス

終映日未定

監督

: ティエリー・デメジエール/アルバン・トゥルレー

出演者

: バンジャマン・ミルピエ

出演ダンサー

: レオノール・ボラック、ユーゴ・マルシャン、ジェルマン・ルーヴェ、アクセル・イーボ、エレオノール・ゲリノー、レティツィア・ガローニ、マリオン・バルボー、オーレリー・デュポンほか

天才振付師バンジャマン・ミルピエが次世代を担う若手ダンサーたちと挑む、芸術の殿堂“パリ・オペラ座”。
伝統と革新が激しくぶつかるとき、歴史に新たなページが刻まれる。

長年に渡り世界最高峰の芸術を提供し続けてきたバレエの殿堂“パリ・オペラ座”。
20 年近く芸術監督を務めたブリジット・ルフェーブルの退任後、ニコラ・ル・リッシュ、マニュエル・ルグリら錚々たる有力候補を押しのけ、史上最年少で芸術監督に大抜擢されたのは、映画『ブラック・スワン』の振付師であり、女優ナタリー・ポートマンの夫として知られるバンジャマン・ミルピエだった。
本作はミルピエが芸術監督として手掛ける新作「クリア、ラウド、ブライト、フォワード」完成までの40 日間に密着し、公式プロデュース作品でしか成しえないオペラ座の貴重なバックステージを、スタイリッシュかつ圧巻の映像美で描いていく。
階級制度を否定し、エトワールではなく若手ダンサー達から メンバーを選抜、長い歴史の中で初めて黒人ハーフダンサーを主役に抜擢するなど、伝統ある名門に大胆な変化をもたらしていくミルピエだったが、彼の異端ともいえる挑戦は周囲との軋轢を生み、さらにダンサーの怪我、ストライキや衣装の不具合など次々にトラブルが襲い掛かる。果たして公演は無事に初日を迎えられるのだろうか――?
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

©FALABRACKS,OPERA NATIONAL DE PARIS,UPSIDE DISTRIBUTION,BLUEMIND,2016

【ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル―イタリア・ネオレアリズモの軌跡―】若者のすべて デジタル完全修復版ROCCO E I SUOI FRATELLI

179分イタリア・フランス

終映日1/27(金)

監督

: ルキーノ・ヴィスコンティ

出演者

: アラン・ドロン、アニー・ジラルド、クラウディア・カルディナーレ、レナート・サルヴァトーリ

ルキーノ・ヴィスコンティ監督 4K完全修復版

親を亡くし、母親に連れられて貧しい南部の農村ルカーニアから北部の大都市ミラノに移住した大家族。
その五人兄弟が辿る運命を通して、イタリアの南北問題と人間の弱さが残酷なまでに浮き彫りになる。
ヴィスコンティの重要なモチーフである家族崩壊を、重要な特徴であるスター主義でドラマティックに描いたこの一大叙事詩は、ネオレアリズモの最後の作品となった。前期の集大成であるこの作品に、本人は後年深い愛着を示している。

【劇場での上映は、4K完全修復版マスターから変換した2K上映となります。】

  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

© 1960 TF1 Droits Audiovisuels – Titanus

トマトのしずく

91分日本

終映日1/20(金)

監督

: 榊英雄

出演者

: 小西真奈美、吉沢悠、山口祥生、柄本時生、ベンガル、角替和枝

いつかきっと分かりあえる。ただひとりの父と娘だもの。
想いは、言葉にしなければ伝わらない――。

ヘアサロンを営む夫婦のさくらと真。食卓に並ぶ料理を前に。「幸せになあれ」とおまじないを唱えることが日課のさくら。
近く結婚パーティを開く予定の二人だったが、さくらの父・辰夫を式に呼ぶか呼ばないかで言い争いになる。父子家庭で育ったさくらの胸中には、幼い頃、母を亡くした時の出来事が大きく残っていた。
一方、父の辰夫も娘を想い、亡き妻が残した家庭菜園の前で決意する。それは久しく会っていない娘の結婚を機に、自分の想いを言葉にしようと直接会いに行くことだった。
辰夫はさくらたちのヘアサロンを訪れる。娘に面と向かって、お祝いを伝えたくてもうまく言えない辰夫。だが突然やって来た父に対し、どうしても素直になれないさくらは、気持ちを高ぶらせて辰夫を追い返してしまう。真はそんな辰夫をおいかけるがどう声をかけてよいか分からずにいると、辰夫はそっと紙袋を差し出す。それは、妻の残したトマトの育て方のノートをみながら辰夫自身が一生懸命に育てたトマトだった。いよいよ結婚パーティの当日、父の席は空席のまま。果たして疎遠だった親子の行方は―。本作は、いじっぱりで素直になれない娘と口下手で不器用な父との葛藤、絆、そして家族の愛を描いた、ヒューマンドラマ。
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

©2012ファミリーツリー

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男The People vs Fritz Bauer

105分ドイツ

終映日未定

監督

: ラース・クラウメ

出演者

: ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、リリト・シュタンゲンベルク 、ヨルグ・シュトルフ、セバスチャン・ブロムベルグ

アイヒマンを捕獲せよ!
歴史的な大作戦の裏に隠された驚くべき真実

第2次世界大戦後、海外へと逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの捕獲作戦を実現へと導いたドイツ人の検事長フリッツ・バウアーにスポットを当て、バウアーがいかにしてアイヒマンを発見し、追い詰めていったのかを描いた実録ドラマ。

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。ナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに、数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにしたアドルフ・アイヒマンの潜伏先に関する情報が寄せられる。ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドと接触したバウアーは、アイヒマンを追い詰めていくが、同じ頃、バウアーの失脚を狙う者たちが策略をめぐらせていた。

  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

© 2015 zero one film / TERZ Film

彷徨える河El abrazo de la serpiente

124分コロンビア・ベネズエラ・アルゼンチン

終映日1/27(金)

監督

: シーロ・ゲーラ

出演者

: ヤン・ベイヴート、ブリオン・デイビス、アントニオ・ボリバル・サルバドール、ニルビオ・トーレス、ヤウエンク・ミゲ

コロンビア史上初のアカデミー賞®外国語映画賞ノミネート。
アメリカ、フランスでは異例のヒットを記録。
俊英シーロ・ゲーラが描き出す、驚愕の世界観と圧倒的な映像美。

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされた先住民族の村、唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生きているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に侵されたドイツ人民族学者がやってくる。白人を忌み嫌うカラマカテは一度は治療を拒否するが、病を治す唯一の手段となる幻の聖なる植物ヤクルナを求めて、カヌーを漕ぎ出す。
数十年後、孤独によって記憶や感情を失ったカラマカテは、ヤクルナを求めるアメリカ人植物学者との出会いによって再び旅に出る。
過去と現在、二つの時が交錯する中で、カラマカテたちは、狂気、幻影、混沌が蔓延するアマゾンの深部を遡上する。彼らが向かう闇の奥にあるものとは…。
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

©Ciudad Lunar Producciones

14の夜

114分日本

終映日1/20(金)

監督

: 足立紳

出演者

: 犬飼直紀、濱田マリ、門脇 麦、和田正人、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、健太郎、青木柚、中島来星、河口瑛将、 稲川実代子、後藤ユウミ、駒木根隆介、内田慈、坂田聡、宇野祥平、 ガダルカナル・タカ /光石研

―呆れるほどに、馬鹿だった。―

『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した脚本家・足立紳、待望の長編監督デビュー作!

「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出す本作は、1980年代の田舎町のレンタルショップが舞台。性にざわめき、やがて冒険に出る中学生男子たちの悶々とした思いを描く。情けなくも愛すべき“性春”を通じて成長していく少年たちの姿は、あの名作『スタンド・バイ・ミー』を彷彿とさせるはず...!?

主人公・タカシ役には、750人のオーディションから選ばれた犬飼直紀。父親役は『お盆の弟』などの名優・光石研、母親役には『重版出来』などで独特の魅力を放つ濱田マリ、姉役には『二重生活』で話題を呼ぶ若手注目株の門脇麦ら実力派が脇を固める。また、CX「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」のスタジオレギュラーとして人気急上昇中の健太郎が、主人公の同級生のヤンキー役として出演。

  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

(C)「14の夜」製作委員会

ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」

80分ソ連

終映日1/20(金)

旧ソ連に生まれたロシア人アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン。切り絵を用いた緻密な作風で知られ、文字通り“アート・アニメーションの神様”として、日本の宮崎駿・高畑勳監督をはじめ、世界中のアニメーターからリスペクトされる存在です。 本特集上映ではノルシュテイン監督の生誕75年を記念して、その代表的な監督作を世界初となるHD画質のデジタルリマスターにて上映。世界アニメーション史に輝く傑作が甦ります。 【料金】
一般:1500円
シニア、大・専門学生:1100円
※各種招待券、株主招待券、その他サービスデーやTCGメンバーズカード含む各種割引適用可

25日・最初の日

監督・アニメーション・脚本・美術:Y.ノルシュテイン、A.チューリン
撮影: V.スルハーノフ
音楽: D.ショスタコーヴィッチ

ロシア・アヴァンギャルドアートに着想を得て、
ロシア革命を鮮烈に描いた記念すべき監督デビュー作

1968年/10分

ケルジェネツの戦い

監督・脚本: I.イワノフ=ワノー
監督・アニメーション: Y.ノルシュテイン
美術・演出: M.ソコローヴァ、V.ナウーモフ
撮影: V.スルハーノフ
音楽N.A.: リムスキー・コルサコフ

ロシア聖像画(フレスコ美術・細密画)の手法を使い、カラー・ワイドサイズで制作
鮮烈な色彩で戦争を描いた圧巻の第二作

1971年/10分

キツネとウサギ

監督・アニメーション: Y.ノルシュテイン
美術: F.ヤールブソワ
撮影: T.ブニモーヴィッチ
音楽: M.メェローヴィッチ
編集: N.アブラーモワ
語り: V.ホフリャコフ

初めて動物キャラクターが登場する作品であり、初の子ども向け作品、初の単独監督作品。
とぼけたユーモアと民衆美術を取り入れたセンスが素晴らしい ロシア版「まんが日本昔ばなし」

1973年/10分

アオサギとツル

監督・アニメーション: Y.ノルシュテイン
脚本: R.カチャーノフ、Y.ノルシュテイン
美術: F.ヤールブソワ
撮影: A.ジュコーフスキー
作曲: M.メェローヴィッチ
編集: N.アブラーモワ

ロマンチックな幻想と幻滅とがせめぎあう悲喜劇
日本の浮世絵・水墨画を参考に、初めて複数の背景を重ねる手法で制作された作品

1974年/10分

霧の中のハリネズミ

監督・アニメーション: Y.ノルシュテイン
脚本: S.コーズロフ
美術: F.ヤールブソワ
撮影: A.ジュコーフスキー
作曲: M.メェローヴィッチ
編集: N.アブラーモワ
声優: A.バターロフ〈語り〉、 M.ビノグラードワ〈ハリネズミ〉、V.ネビンヌイ〈小熊〉

世界で最も愛されたノルシュテインの入門編的な代表作
キャラクターの動き、音楽、セリフ、効果音が完璧に調和

1975年/10分

話の話

監督・アニメーション: Y.ノルシュテイン
脚本: L.ペトルシェフスカヤ、Y.ノルシュテイン
美術: F.ヤールブソワ
撮影: I.スキダン=ボーシン
音楽: M.メェローヴィッチ、W.A.モーツァルト、J.S.バッハ
編集: N.アブラーモワ
声優: A.カリャーギン〈狼〉

世界アニメーション史上の名作と名高い最高傑作
ノルシュテイン自身の自伝的な記憶が色濃く反映され、それゆえ素晴らしく詩的で、 忘れがたい印象を残す

1979年/29分


  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

©2016 F.S.U.E. C&P SMF

ミス・シェパードをお手本にThe Lady In The Van

104分イギリス

終映日1/27(金)

監督

: ニコラス・ハイトナー

原作・脚本

: アラン・ベネット

出演者

: マギー・スミス、アレックス・ジェニングス、ジム・ブロードベント、フランシス・デ・ラ・トゥーア、ロジャー・アラム

ユーモアたっぷり、ちょっぴり切ない人生の“宝物”がつまった感動作

ロンドンのカムデン。誇り高き淑女“ミス・シェパード”は、路上に止めたおんぼろの黄色い車で気ままに暮らしていた。近所の住人たちは、年老いた彼女を心配して世話を焼くが、お礼を言うどころか悪態をつくばかり。ある日、注射をとがめられている姿を見かけた劇作家ベネットは、親切心から自宅の駐車場をひとまず避難場所として提供する…それから15年。駐車場に居座り続け、ふたりは奇妙な共同生活を送っている。彼女の高飛車な態度や突飛な行動に頭を抱えつつも、いつしか不思議な友情が生まれていた。そして、ベネットはなぜかフランス語が堪能で音楽にも造詣が深いミステリアスなミス・シェパードに作家としても惹かれてゆく…。
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

聖杯たちの騎士Knight of Cups

118分アメリカ

終映日1/20(金)

監督

: テレンス・マリック

撮影監督

: エマニュエル・ルベツキ

出演者

: クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン、イモージェン・プーツ

迷える脚本家が巡り会う、6人の美しい女たち。

気鋭の脚本家リック(クリスチャン・ベイル)は、ハリウッド映画の脚本依頼を請けたことをきっかけにセレブリティな生活へ溺れていくが、心の奥底にある怯えや虚無感を拭い切れず、進むべき道を探して彷徨う日々を送っていた。そんな彼の前に現れる6人の美しい女たち。リックは彼女たちとの愛の記憶の中で、自分の過去と向き合いはじめるー。
巨匠テレンス・マリック監督とアカデミー賞3年連続受賞のカメラマン、エマニュエル・ルベツキが豪華キャストと共に描く、眩い愛の記憶
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

(c)2014 Dogwood Pictures, LLC

幸せなひとりぼっちEN MAN SOM HETER OVE

116分スウェーデン

終映日1/27(金)

監督・脚本

: ハンネス・ホルム

原作

: フレドリック・バックマン

出演者

: ロルフ・ラスゴード

実は優しい?
“不機嫌じいさん”
孤独な男の人生を笑いと涙で温かく包んだ感動の物語!

孤独な老人が隣人一家との触れあいを通して再生していく姿を描いたスウェーデン発のヒューマンドラマ。世界的ベストセラーとなったフレドリック・バックマンの同名小説を映画化し、スウェーデンで大ヒットを記録した。

愛する妻に先立たれ、悲しみに暮れる孤独な毎日を送っていた老人オーヴェ。そんなある日、隣の家にパルヴァネ一家が引っ越してくる。車のバック駐車や病院への送迎、娘たちの子守など、何かと問題を持ち込んでくるパルヴァネたちにうんざりするオーヴェだったが、次第に彼らに心を開くようになり、やがて妻との思い出を語りはじめる。
「アフター・ウェディング」のロルフ・ラスゴードが主人公オーヴェを好演。スウェーデンのアカデミー賞と言われるゴールデンビートル賞で主演男優賞と観客賞をダブル受賞した。
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

(c)Tre Vänner Produktion AB. All rights reserved.

この世界の片隅に

130分日本

終映日未定

監督

: 片渕須直

原作

: こうの史代(「この世界の片隅に」双葉社刊)

声の出演

: のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞
日本映画第一位&監督賞受賞


どこにでもある 毎日の くらし。
昭和20年、広島・呉。
わたしは ここで 生きている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 『この世界の片隅に』文部科学省特別選定作品に決定!

文部科学省特別選定(青年向き、成人向き、家庭向き)
文部科学省選定(少年向き)
選定日:2016年10月20日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


こうの史代(原作)・片渕須直(監督)がタッグを組み、「この映画がみたい!」と日本全国の支持を集め制作が決定!

昭和19〜20年の広島・呉を舞台に、戦時中、毎日眺めていたものがいつしか変わり果て、身近なものが失われてもなお生きていく、主人公・すずの日々を描くアニメーション。
原作は、第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した、こうの史代の同名漫画。心に染みるこの原作を、映画『マイマイ新子と千年の魔法』(第14回文化庁メディア芸術祭 優秀賞受賞)の 監督・片渕須直がアニメ映画化に挑んでいる。

主人公・すずを演じるのは本作でアニメ映画初主演を果たす、女優・のん。片渕須直監督が「のんさん以外のすずさんは考えられない」とその声に惚れ込み主演が決定した。
また本編の音楽を奏でるのは、シンガー・ソング・ライターのコトリンゴ。片渕監督の前作『マイマイ新子と千年の魔法』で主題歌を担当し、今作では本編楽曲も担当している。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★テアトル梅田の上映スケジュールはコチラ!
  • 上映スケジュール
  • オフィシャルサイトle/bl

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

Page Top