近日上映作品

ルイス・ブニュエル特集上映 デジタルリマスター版 男と女

1 / 28 [金] 公開

過激なユーモア
濃密なエロティシズム
摩訶不思議な世界で舞台を繰り広げる男と、女…
20世紀を代表するルイス・ブニュエル監督の傑作六作品

ジャンヌ・モローのブーツをかき抱いて恍惚死する老人。
昼下がりのエロチックな秘密クラブ。鞭で打つのはまだ早いと怒る変態男。
ゆれる釣鐘の生首。一瞬、カトリーヌ・ドヌーヴの乳首がかゆい。義足と松葉杖と車椅子。
招かれざる客たちの破茶滅茶な饗宴。
飢えて、歩いて、果てしなく。
革命か、テロか?食欲も性欲も永遠に中断される。
ああ、すべては夢かと目覚めたら、それが夢のはじまりだったという、映画そのものが夢うつつの構造になっているかのようだ。
老婆はいかにして若き美女に変身するか。
食事はトイレで......貞操帯は美女のベッドで...... 官能か、本能か。
自由奔放?「自由など幻想にすぎぬ」と映画のなかの人物がせせら笑う。
な、な、な、なんだ、これは。この条理と不条理、この不思議な連続と不連続。
愛だ、狂気だ、美だ、笑いだ、映画だ、ブニュエルだ。

山田宏一


ルイス・ブニュエル Luis Buñuel

1900年2月22日、スペインのテルエル県カランダに生まれる。マドリード大学時代の学寮生活で画家サルヴァドール・ダリや詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカら若き芸術家と出会う。25年、パリに移住。映画監督を志し、パリの演劇学校に入学。
 29年、ダリとの脚本共作で16分の短編映画『アンダルシアの犬』を監督。続いて初の長編映画『黄金時代』(30)を発表。カトリック主義者や極右の激しい攻撃にさらされ、前作以上の醜聞を惹き起こした結果上映禁止に。貧困地域ラス・ウルデスの住民の状況を描いた次作『糧なき土地』(33)も、スペイン政府により上映禁止処分を受ける。
 スペイン内戦勃発後はフランス、アメリカ合衆国での親共和国派的プロパガンダ映画製作に協力した後、46年に映画製作者オスカル・ダンシヘールの誘いでメキシコに渡る。ダンシヘール製作の『忘れられた人々』(50)で、一躍世界的に有名なスペイン語圏監督となった。残りの生涯はメキシコで暮らし、この地で20本の映画を監督する。メキシコ映画産業の黄金時代が終わった後は、主にフランスで映画作りに従事。83年7月29日、メキシコ市の病院にて死去。最後の作品は『欲望のあいまいな対象』(77)。

▼特別料金▼

一般1,500円/学生1,300円/ほか通常料金
■各種割引サービス適用可


▼上映スケジュール▼

  

ブニュエル特集タイム_HP用(時間未定).jpg

▼上映作品▼

03_komadukai_1024.jpg

小間使の日記

晩年のブニュエル映画に欠かせない脚本家ジャン゠クロード・カリエールが、初めて参加した作品。

1964年/仏伊合作/モノクローム/スコープサイズ/モノラル/97分(日本公開:1966年)

01_hirugao_1024.jpg

昼顔 4Kデジタルリマスター版

ヒッチコックが賞賛したことでも知られる、後期ブニュエル作品のなかで最も有名な一本。

1967年/仏伊合作/本編100分/カラー/ビスタサイズ(1.66×1)/モノラル/(日本公開:1967年)

02_tristana_1024.jpg

哀しみのトリスターナ

かつての『ビリディアナ』とも重なる、老いた男と若い娘の関係を通じてスペイン社会を風刺する悲劇。

1970年/西仏伊合作/カラー/ビスタサイズ(1.66×1)/モノラル/99分(日本公開:1971年)

04_bourgeoisie_1024.jpg

ブルジョワジーの秘かな愉しみ

アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞した、愉快で不気味な不条理諷刺喜劇。

1972年/仏伊西合作/カラー/ビスタサイズ(1.66×1)/モノラル/102分(日本公開:1974年)

05_jiyuno_1024.jpg

自由の幻想

「この映画の題名は、カール・マルクスとわたしが共同で作ったものだ」(ブニュエル)

1974年/仏伊合作/カラー/ビスタサイズ(1.66×1)/モノラル/104分(日本公開:1977年)

06_yokubono_1024.jpg

欲望のあいまいな対象

ブニュエルの死後にますますその評価を高めた、とことん人を喰った遺作。

1977年/フランス/カラー/ビスタサイズ(1.66×1)/モノラル/103分(日本公開:1984年)