トピックス

イベント2018 / 6 / 14 [木]テアトル新宿

『菊とギロチン』公開記念 特集上映『瀬々敬久ギロチンオールナイト』

girotin_1024.jpg

瀬々敬久監督が傑作『ヘヴンズ ストーリー』(10)から8年振りに放つオリジナル企画、アナーキー青春群像劇『菊とギロチン』の公開を記念し、瀬々監督が自ら選定した4本を一挙上映する特集上映『瀬々敬久ギロチンオールナイト』の開催と、千原ジュニアさん、瀬々敬久監督のゲスト登壇が決定致しました!



<オールナイト上映に寄せて> 瀬々敬久
ジャックナイフ、千原ジュニアのかつての異名だ。僕自身ずっとアナーキーな人間に憧れ、映画にしてきた気がする。『HYSTERIC』がそうだ。そして『菊とギロチン』のように史実を、『雷魚』のように実際の事件を、モチーフに作って来た。『冷血の罠』は西島秀俊さんが孤独なテロリストというべき犯罪者を演じている。『制服レズ』は爆弾だ。ギロチンオールナイト、乞うご期待!

【日時】
6月23日(土) 開場21:00/開演21:30 終演時刻 翌5:00頃予定 ※予告なし

□終了時間は前後することがあります。予めご了承ください。

【登壇者(予定)】
千原ジュニアさん、瀬々敬久監督

※瀬々監督サイン入りグッズプレゼント抽選会もあります!

□トークイベントは21:30~となります
□登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。
□場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
□登壇ゲストへのプレゼント等は直接お渡しする事は出来ません。劇場スタッフが事前にお預かり致します。

【上映作品】

hysteric.jpg

①『HYSTERIC』 上映開始 22:10~
(2000年/110分)
企画:利倉亮、田中美孝 脚本:井土紀州 撮影:斉藤幸一 音楽:安川午朗
出演:小島聖、千原浩史、鶴見辰吾、村上淳、寺島進、阿部寛

1994年に起きた青山学院大学性殺人事件で逮捕された男女をモデルに、どこにも行き場のない彼らのゆがんだ疾走を、異様な緊迫感をみなぎらせて描きだす。主演の千原浩史(千原ジュニア)が第10回日本映画プロフェッショナル大賞の主演男優賞を受賞。それまでも実際の事件をモチーフにした映画を手がけて来た瀬々はこれ以後、事件の当事者という問題にこだわっていくことになる。

冷血の罠.jpg

②『冷血の罠』 上映開始 0:20~
(1998年/99分)
企画:武内健、神野智 原作:藤原智美「恋する犯罪」 脚本:井土紀州 撮影:林淳一郎 
出演:哀川翔、西島秀俊、黒沢あすか、下元史朗、田中要次、朝岡実嶺、川瀬陽太

渋谷区桜ヶ丘を舞台にしたサイコ・ミステリー。探偵の藤原は、自殺した妹の夫・花園に、妹の死の原因が何者かに暴行されたことにあったと知らされる。やがて花園は妻を暴行した犯人の足跡を追いながら、犯罪地図を作るうち、犯人の心理と同化してゆく。当時、Vシネマの帝王と言われた哀川翔を探偵役、西島秀俊を妹の夫役に迎え、二人の対峙とともに「渋谷区桜ヶ丘」のリアリティが生々しい手触りを残す。

雷魚.jpg

③『雷魚 RAIGYO』(英語字幕付き) 上映開始 2:15~
(1997年/75分/【R15+】)
企画:朝倉大介 脚本:井土紀州、瀬々敬久 撮影:斉藤幸一 音楽:安川午朗
出演:佐倉萌、伊藤猛、鈴木卓爾、穂村柳明、佐野和宏、岡田智宏、外波山文明

昭和最後の年、63年。テレクラで知り合った男をふとした感情から刺し殺してしまった紀子。容疑者として捕らえられた紀子は、ガソリンスタンドの店員・和昭の嘘の証言で警察から釈放される。それぞれに過去を背負った二人は傷を舐め合うように抱き合うが……。4年前に52歳の若さで亡くなった俳優・伊藤猛の代表作の1本。現在に至るまで瀬々作品の特徴の一つであるロケーションも素晴らしい。

NO IMAGE.jpg

④『禁男の園 ザ・制服レズ』 上映開始 3:45~
(1992年/61分/【R18+】)
企画:朝倉大介 脚本:瀬々敬久 撮影:斉藤幸一 
出演:岸加奈子、蒲田市子、林由美香、伊藤猛、佐野和宏、小林節彦

教師の由紀は生徒の真理とレズビアンの関係だったが、ある日突然、真理は消息を絶つ。彼女は爆弾魔の健と同棲していた。公開題とは別の原題は「わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です」と言い、宮沢賢治の「春と修羅」からとられている。教師・由紀の過剰なまでの想いが美しき惨劇へと向かい、偏愛するファンが多い。

(24日 5:00am終了予定)

【料金】
2500円均一

□各種割引、招待券、株主優待券ご利用不可
□深夜興行の為、18歳以下はご入場頂けません。



≪チケット販売について≫
6/16(土)より、オンラインチケット予約、劇場窓口にて販売致します。

(全席指定制)

≪オンラインチケット予約販売≫
6/16(土)0:00~上映開始時刻の一時間前まで

□アクセス集中時は繋がりにくくなる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。
□オンラインチケット予約販売はクレジットカード決済のみとなります。
□オンラインチケット予約販売が完売表記になった場合でも、劇場窓口では残席がある場合がございます。
□立見席の販売は劇場窓口のみとなります。
□上映開始直前は発券機が大変混雑致します。お早めに発券をお済ませ下さい。
□お日にち・お時間お間違えのないようご注意下さい。購入後の変更・払い戻しは致しかねます。

□オンライン予約販売でご予約されたお客様は、劇場備え付けの発券機でチケットの発券が必要です。上映開始直前は大変混雑が予想されます。お早目に発券をお済ませ頂けますようお願い致します。上映開始までに発券が間に合わなかった場合でも一切の補償は致しかねますので予めご了承ください。

≪劇場窓口先行販売≫
6/16(土)劇場オープンより販売開始

□窓口の営業時間は当館開館時刻から最終回上映開始時刻までとなります。
□劇場窓口での販売前にオンラインチケット予約で座席が完売した場合は、劇場オープン時刻より立見券(数量限定)を販売します。



<共通ご注意事項>
□イベント前日までにチケットが完売した場合、当日券の販売はございません。
□イベント付きの上映をご鑑賞いただくには、イベント回のチケットが必要です。
□転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
□いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
□急遽変更、中止になる場合もございます。あらかじめご了承下さいませ。
□当日、マスコミの撮影が入る場合がございます。 その際、 お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと予めご了承下さい。

◆イベントに関する詳細はテアトル新宿までお問合せ下さい。
テアトル新宿 03-3352-1846
□営業時間外、混雑時はテープでのご案内となります。