上映作品

キューブリックに愛された男S Is for Stanley

  • 2016年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ(イタリア・アカデミー賞)最優秀ドキュメンタリー賞
  • ソーレ・ルナドキュメンタリー映画祭最優秀作品賞
  • マスター・オブ・アーツ映画祭最優秀ドキュメンタリー賞

一覧で表示

監督の異常な友情―天才映画作家との30年の友情の記録。

エミリオ・ダレッサンドロはイタリア系の移民。
元々は才能溢れるレーシング・ドライバーとして、将来を嘱望されていたが、新天地を求め移住したロンドンではレーサーの職は得られず、タクシー運転手として家族と平凡な生活を送っていた。
1970年の雪の夜、ホークフィルムという会社からエミリオに奇妙な仕事の依頼が入る。「人ではなく、ある"モノ"を撮影スタジオに運んで欲しい」。悪天候に加え、その物は車に積むには大き過ぎたが、エミリオはなんとか無事にスタジオまで送り届けることが出来た。
映画に興味のない彼は、そこで何が行われ、直接の雇い主が誰かなど特に気にはかけなかった。
後日、そのホークフィルムから「我が社の代表が挨拶したい」と連絡が入る。それがキューブリックとエミリオの出会いだった。
レーサーとしての実績を知っていたキューブリックは「あなたを自分の専属運転手として雇いたい」と申し出てきた。エミリオは快諾し、翌日からアボッツ・ミードにある監督の自宅兼スタジオに通うことになった。
30年に渡る2人の奇妙な友情はこうして始まるのだった...。

監督
:アレックス・インファセッリ
主演
:エミリオ・ダレッサンドロ