上映中作品

for you 人のために

原爆による被害を受けながらも人のために動いた人たち

2016年、オバマ大統領(当時)が歴代アメリカ大統領として初めて被爆地広島を訪れた。
多くの被爆者が追悼式典に参列する中に森重昭の姿があった。
オバマ大統領は森の前で立ち止まり、優しく彼を抱き寄せた。
その時の意味とは。
アメリカが原爆投下地を決断した時、その地にアメリカ人がいないかも選ぶ基準となった。
しかし、実は数日前に日本軍によって撃墜されたアメリカ軍機の捕虜が広島にいたのだ。その事実を40数年かけて調べ上げ、乗組員らの遺品をアメリカ人家族に返却したのが森である。
彼をそこまで動かしたものは何なのか...。
また広島には人のために尽くした人たちが多くいる。
原爆手帳の取得や制度の見直し、暮らしへの寄り添い。
立ちはだかる挫折を乗り越えた力とは。
被爆しながらも救護活動を続けた外国人神父たち。自身も怪我を負いながら、広島市民の救護活動を行っていた。 被爆直後は外国人であることで恐怖を感じながらも、市民に寄り添い続けた。
なぜ彼ら、彼女らはそこまで人のために動くのだろうか。

広島原爆を通し、当時の惨状から人々の生き様を浮き出させ、「人のために生きた人たち」に焦点をあてたドキュメンタリー映画。

監督
:松本和巳
出演
:森重昭、森佳代子、桒本勝子、切明千枝子、深堀升治、佐藤奈保子、中本彰子、大本進、李聖一、ロバート・ディータース、福田未子、ルイス・カンガス
主題歌
:BONNIE PINK