トピックス Topics

お知らせ2017.8.1

9/19(火)『GEHENNA(ゲヘナ)〜死の生ける場所』上映イベントのご案内

『GEHENNA(ゲヘナ)〜死の生ける場所』は、片桐裕司氏がkickstarterを利用し、製作されたサスペンスホラー映画です。
本作品は大阪初上陸!日本での劇場初公開となります。上映終了後には、Mini Talk Sessionを開催。本作品制作を支えたTOPクリエイターで本作品でもコンセプトアートを手掛けた田島光二氏(Double Negative Visual Effects・コンセプトアーティスト)が登場し、製作秘話を片桐裕司氏と共に語ります。

■開催概要
・会場:シネ・リーブル梅田 シアター4(4階)

・日時:9月19日 20:30開場/20:40開演〜22:40終了予定

・料金:3,500円(上映鑑賞券・ミニトークセッション・1ドリンク・スナック付き)

■チケットお申込み方法
・Pass Marketにて8/10(木)より販売開始
詳細はこちら⇒ https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01bvrxz0bg8e.html

※売り切れ次第、締め切りとなります。

■作品情報
『GEHENNA(ゲヘナ)〜死の生ける場所』
リゾートホテル建設の視察の為サイパン島を訪れる土地開発会社の社員ポリーナとタイラー、現地のコーディネーターのアランとペペ、カメラマンのデイブの一行は候補地であるジャングルに入っていく。そこで地下壕に続く階段を見つけ中に入るとそこには米軍も把握していなかった旧日本軍の秘密基地があった。5人はその場所に秘められた太古から続く呪いに翻弄され、誰も予想もできなかった恐ろしい結末に導かれていく…

作品HP:http://gehennafilm.jp/

■ゲストプロフィール
・片桐裕司氏
映画監督、ハリウッドSFX映画トップクリエイター、キャラクターデザイナー
東京生まれ。1990年18歳の時に渡米し、19歳からスクリーミング・マッド・ジョージ氏の工房で働き出す。その後フリーランスとなり様々な映画TVのキャラクタークリエーションに関わる。98年にTVシリーズXファイルでエミー賞受賞。2000年から2006年までターミネーターやジュラシックパークのキャラクタークリエーションで有名なスタンウィンストンスタジオのメインアーティストの一人として活躍。スティーブン・スピルバーグやギレルモ・デル・トロ、サム・ライミなどの著名監督の映画作品に多数参加。
主な代表作は「パシフィック・リム」「マン・オブ・スティール」「バトルシップ」「エルム街の悪夢」「パイレーツオブカリビアン 生命の泉」「ハンガーゲーム」など。その後再びフリーランスになり、夢であった映画監督としても活動。2015年クラウドファンディング・キックスターターで独立系長編映画では記録的な額25万ドルを集め、映画監督デビューを「GEHENNA 〜死の生ける場所〜」で果たす。映画制作前にVRゲーム化が決まっており年内完成予定。
デビュー作「GEHENNA 〜死の生ける場所〜」はニューヨークのThe New York Science Fiction Film Festivalの「作品賞」を受賞するなど、その才能は国内外で高く評価されている。2017年現在、片桐氏の第2作品目の監督長編昨品の制作が決定した。

・田島光二氏
Double Negative Visual Effects
コンセプトアーティスト
1990年東京都生まれ。
2011年に日本電子専門学校コンピューター・グラフィックス科を卒業後、フリーランスモデラーとしてキャリアをスタート。12年4月からDouble Negativeのシンガポールスタジオ所属、2015年に同カナダスタジオへ移籍し、現職。

■本件に関するお問い合わせ先
企業名: 株式会社 Skeleton Crew Studio
担当者名:村上・石川
TEL:075-746-5171
Email:info@skeletoncrew.co.jp

© hunter killer studio 2016

一覧に戻る122

Page Top